『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
【読書感想文NO62】  オシム 終わりなき闘い  木村元彦
オシム 終わりなき闘い
オシム 終わりなき闘い木村 元彦

NHK出版 2015-01-27
売り上げランキング : 399044


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


セルビアにいて感じることがある。

人は生まれる場所を選ぶことができない。
親を選ぶことも、国を選ぶこともできない。

能力があって、努力していても、やりたい仕事に就けない人がいる。
衣食住すら満足に与えられない環境で、学校に行けない子もいる。
サッカーの才能があっても、それを発揮できない境遇の子もいる。

本当に自分は幸せだと感じている。

[【読書感想文NO62】  オシム 終わりなき闘い  木村元彦]の続きを読む
スポンサーサイト
意志あるところに道は開ける
dobahr dahn
(ドーバル ダーン/セルビア語でこんにちは)

明治維新直後、政府の命令により淡路島の稲田藩が、北海道という未開の荒野の開拓に出ました。
『北の零年』という映画にもなったので、知っている人もいるでしょう。
僕のルーツはその開拓団の一人です。今でも親父の実家は北海道の静内にあります。
[意志あるところに道は開ける]の続きを読む
【読書感想文NO61】  徳は孤ならず 日本サッカーの育将 今西和男  木村元彦


「徳は孤ならず、必ず隣有り。」

『徳を身につけた人は、ずっとひとりぼっちということはない。必ず身近に、慕い、理解してくれる人が現れるものだ』

会社に落ちているゴミをまたいで歩いているような人は、落ち着いた決断はできない。

机は拭くのではなくて磨く。子どもの才能と一緒。

サッカーの原理原則を教える前に、人としての原理原則を学ぶ必要がある。

そんなことを感じた本でした。
さよなら。ねーさん。
若くして亡くなると、涙雨が降るらしいですね。

そんな、雨のお通夜でした。

葬儀に行くといつも、人は亡くなるとどうなるのだろうか?

という、子どものような疑問が右脳と左脳を行ったり来たりします。


ねーさん。

あなたのとの出会いは10年前かな。



[さよなら。ねーさん。]の続きを読む
【読書感想文NO60】  ビエルサの狂気  ジョン・リバス(著) 今井健策(訳)


アスレチック・ビルバオという独自のの哲学を持ったクラブと、ビエルサという狂人が出会った。

そんなお話。