『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公式戦
東京カップ(天皇杯予選)なんとか4-1で勝ちました。

個人としては、調整不足でダメダメでした。
もっとトレーニング積まないと。

まずは新しい環境の中で、自分の力を発揮できないとだめですね。

20060327215512.jpg


次は4月2日 12時30分開始 小野路公園グラウンド 対T.F.S.C戦
です。

応援よろしく!!
スポンサーサイト
28歳の大学生誕生!?
今日は東京農業大学の科目等履修生の説明会に行ってきました。

さっそく作文の課題が出されました。
作文書くのなんて何年ぶりでしょう。
大学生の頃ははっきり言って『サッカーをするために勉強する』という感覚でした。
でも今は真剣に『学びたい』気持ちです。
ただ、ついていけるか心配…。

話しは変わりますが、いよいよ明日から公式戦です。
良い結果でスタートしたいものです。

そうそう俺、ヒゲ剃りました。
ご覧になりたい方は…

試合会場で!!
悩みを解決するための魔術的公式
今回は『悩みについて』

自分の一番好きなこと、大切に思っていることを仕事にするということは、大きなリスクを背負うことになります。
2001年11月。2ヶ月後に結婚式を控えた状況で、戦力外通告を受けたとき、タイミング良く出会った本があります。
カーネギーの『道は開ける』です。
引っ越ししまくりの生活でしたが、常に持ち歩いていた大切な本です。
この本の第1部、第2章にこんな公式が載っています。

悩みを解決するための魔術的公式
1、「起こりうる最悪の事態とは何か」と自問すること。
2、やむを得ない場合には、最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。
3、それから落ち着いて最悪の状態を好転させるよう努力すること。


これを自分の悩みに当てはめてみると…。

1、「起こりうる最悪の事態とは何か」と自問すること。

→子供の頃からの夢だったJリーグ(プロ)でもうプレー出来なくなる。
→2ヶ月後には結婚式を控えている。その時に無職じゃ…。

2、やむを得ない場合には、最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。

→サッカーはJリーグだけじゃない。JFLだって、地域リーグだって あるじゃないか。
誰もがいつかは引退するんだ。チームがなかったら違う道を探せばい い。
→俺は今まで本気でサッカーを追求してきた。クビになったって恥じることはない。家族、親族はみんな理解してくれる。

3、それから落ち着いて最悪の状態を好転させるよう努力すること。

→とにかく時間が許す限りトライアウト、セレクションを受けよう。この際プライドなんて関係ない。全ての条件が出揃ってから、次の進路を決めればいい。

す~と肩の力が抜けた気がしました。
今まで、悩んでネガティブな事ばかり考えていた自分が、うそのようにポジティブになっいく。
この公式のおかげで何度も苦難を乗り越えてきました。
カーネギーの『道は開ける』

みなさんもぜひ読んでみて!!

SKA!SKA!SKA!
今回は趣味について。

ずばり、スカ、ロックステディーの音楽鑑賞とレコード収集です。
なんだかわかんないと思うので簡単に説明します。

スカは1960年代前半にジャマイカで生まれた音楽。レゲエの前身っていえばわかりやすいかな。
ラジオから流れてくるアメリカのR&Bやジャズ、カリブ独自の音楽のメントやカリプソなどを融合してできたといわれています。
レゲエで有名なボブ・マーリーも10代の頃、スカバンドのボーカルとして活躍しています。
その後、1965年頃からスカからロックステディーに移り変わっていきます。

「ジャマイカ独立(1962年)の盛り上がりが冷めて落ち着きを取り戻した」
「猛暑の為、アップテンポのスカが受け入れられなくなった」

など、いろいろな説がありますが、徐々にリズムが遅くなっていきます。(そして有名な“レゲエ”の時代に突入します。)

そのスカ、ロックステディーのレコードを集めるのが唯一無二の趣味です。
当時(1960年代)のレコードですから、かなりのプレミアがついていて、一枚数万円から、数十万円で取引されることもあります。
18歳から集め始めて10年。今でも小遣いをこつこつ貯めて好きなレコードを買って、家でニヤニヤしています。

学生時代につるんでいた友達が今、町田でレコード屋さんしています。
UP DOWN RECORDS(http://www.updownrecord.com/)

そんなんで、俺のコレクションを自慢します。

引っ越しが大変なので、実家に置きっぱなしです。
デジカメがないので携帯で撮影です!!

LP(CDでいうとアルバムみたいなもの)
P506iC0016449924.jpg


7インチ(こっちはシングルみたいなもの)
P506iC0015925628.jpg


今日の一枚

T4240.jpg

BOB ANDYのSONG BOOK
ロックステディーの名盤です。
CDにもなっているのでぜひ聞いてみてください。(大きいCD屋さんに行けばあると思うけど…。レゲエコーナーです)

沖縄タイム
最近町田駅の人ごみを歩いていると、学生の頃には感じなかった違和感を感じる。
あれ?こんなに歩きづらかったっけ?こんなに歩くの速かったっけ?なんでこんなに急いでいるんだろう?そんな時、ふと沖縄での事を思い出した。

一人でスーパーに買い物に行った時の事。

駐車場に車を入れ、買い物を済ませて戻ってくると、俺の車と隣の車をふさぐようにして知らない車が置いてあったんです。
隣の車のおばちゃんも車を出せなくて困っている様子。
なかなか車の持ち主は戻ってこないし、時間はないし。
イライラ!!イライラ!!
やっと戻ってきたオヤジに、
『オヤジ、出れね~じゃね~か!!ふざけんな!』
と怒鳴る俺。
オヤジは、
『今出すから。ちょっと待ってて。』
するとオヤジは謝りもせず、そのまま帰ってしまう。
『オイ!!ちょっと待て!!』
隣のおばちゃんも、さぞかし怒ってるだろうと横を見ると…。
さっさと車に乗って帰ってしまう。
『えっ…、怒らないの…。』
誰もいなくなった駐車場で一人たたずむ俺。

これが沖縄か……。恐るべし。
第25回小山田子供マラソン
3月4日(土)小山田子供マラソンに選手全員で参加しました。

20060309161729.jpg

俺は小1、2年生と走ったんだけど速い速い!!

20060309161947.jpg

スクールをやるようになってから、子供と接するのがうまくなってきたかな。
子供達のキラキラ輝く目は、何より指導者のモチベーションです。

というわけで、マラソン大会での出来事。
上の写真の直後、

地元の記者さん:「(カメラを持って)すいません!一緒に走るんですか?

俺:「はい!!走ります」(さてはゼルビアの選手と子供達の交流みたいな感じで写真撮るのかな?)

地元の記者さん:「子供達だけで撮りたいので後からスタートしてください

俺:「…あ、はい。

まだまだ知名度が低いと実感した今日この頃。


新入団記者会見
20060306122848.jpg

記者会見でのひとこま。

20060307011239.jpg

一人だけフレッシュ感に欠ける人がいるけど、気にしないでね。

こう見ると、プロっぽいな。
カメラをターンすると…。

でも関東2部のチームでこれだけやる所はないよね。

眠れない夜は…。
「Profile」にメールアドレス掲載しました。
ご意見ご要望、メッセージなど送ってね!!
また、FC町田ゼルビアのサポート会員募集もしています。興味のある方はぜひメールください。

今日は変な時間に昼寝してしまって、まだ起きてます。
たまっていた新聞をやっつけてもまだ眠くない…。

ということでちょっとサッカーの話。

今日は國學院大學と練習試合しました。
グランドコンディションが悪く、なかなかボールがつながらなかったな。
10:00からの試合だったんだけど、いつも夜練習してるせいかゲームの入りが悪すぎ。もっと研ぎ澄まされた状態でゲームに入らないと、公式戦でガツンとやられる可能性があるね。

後は決定力。これはどのレベルでも課題だけど。
これからゲームを重ねてコンビネーションを高めていけばもっと良くなるでしょう。

國學院のグランド、家から車で5分!またお願いします!m(_ _)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。