『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年の目標を公開しますが後悔しません
最近、飲食店では “食券機” たるものをよく目にします。

食券を買って店員に渡せば終わり。

実にスムーズで人件費もかからない。

でも、お客をよく観察すると一言も言葉を発しないことがある。

『ごちそうさま!』

もありません。

ここにも現代人のコミュニケーション不足を感じました。

よくお母さんが小さい子どもに言っていますよね。

『ほら、ごちそうさまを言ってきなさい!』

大切なことです。

人件費の削減はコミュニケーションをも削減します。


さて、2008年も今日で終わり。

今年はJFL昇格を果たし、素晴らしい一年だった。

2009年の目標を立てます。

① JFL4位以内

Jリーグに上がるためには準加盟申請など、グラウンド以外での準備が必要です。
これが大変です。 
でも、選手はやるからには一年で“J”を目指します。
勝ち続けることですべてを変えます。

② 地域に根ざしたクラブ作り

子ども達を中心とした地域に根ざしたクラブを作る。
カテゴリーが変わっても、誰が何と言おうと、この信念は貫き通します。
酒井がこのクラブにいる限り、子ども達を守り、子ども達に明るい未来を託します。
町田にJリーグクラブを作ることは、酒井の自己満足でもなく、ステイタスを上げるためでもなく、 
給料を上げるためでもなく、酒井がもう一度Jリーグでプレーするためでもありません。
それなら町田じゃなくてもいい。
そんなスケールの小さなことではないのです。
町田にJリーグクラブを作る本質は、子ども達に夢を与え、たくさんの人達を幸せにすることです。

③ 家庭菜園の規模拡大

暖かくなったら、また野菜を作ります。
冬に何を作れるか調査中。
野菜を作り、我家の食料自給率を上げます。
そして、美味しいおつまみを作れるように料理にも挑戦します。


ということで、今年一年、酒井のブログにお付き合いして頂き、ありがとうございました。

来年もくだらないことや、どうでもいいこと、そして熱いメッセージを皆様にお届けします。

それではよいお年を!!

2008年12月31日
酒井 良
 


スポンサーサイト
まだあの興奮が冷めません
 FC町田ゼルビアフットボールスクール感謝祭 の写真です。

無理矢理のお願いを聞いてくれた安孫子先生、本当にありがとうございました!!


そして たけさんりょうさんのリアルサカつく 12月、今年最後放送です。

たけさんはホンキでC・ロナウドに戦いを挑むらしい。

ゼルビアから素敵なプレゼントもあります。

クイズに答えないとプレゼントはもらえません。

どしどしご応募ください!! 
こんな指導方法だと身体が覚えます
   “掃除は雑巾しぼりから”


高校生の時、副担任だった、おっかない先生から教えられました。

その先生は、雑巾がけする前に必ず先生のとこへもってこさせ、しぼりをチェックします。

先生が酒井の頭の上で雑巾をしぼり、しぼりが甘かったら頭が雑巾の汁でビショビショになります。

酒井は腕力がなく、いつも頭がビショビショでした。

雑巾をしぼるのを諦め、知恵をしぼりました。

野球部のピッチャーにしぼってもらうことにしました。

豪腕です。

あるときから先生がいくらしぼっても汁が出なくなりました。

先生もちょっと不思議そうでした。

今だったら、先生がそんなことをしたら問題になるかもしれません。

でも、このお陰で酒井は今でも雑巾はきつくしぼります。

掃除の基本です。

僕はそんな先生の指導方法を尊敬しています。


その先生はもうすぐ始まる全国高校サッカー選手権大会の神奈川県代表、桐光学園高校サッカー部の監督、佐熊先生です…。

31日、家の大掃除を終えて三ツ沢球技場へ応援に行きます!!


昨日ごちそうになった表参道 “よろにく” です。

口の中でとろけ、想い出すら残りません。

Image047.jpg

よろにく
今日は良い天気です。

朝から布団を干したりシーツを洗ったりフル回転です。


さて、不況の影響からか今年はサッカー選手の契約に異変が起きています。
いつも以上 “非契約更新選手” が多いような気がします。

プロである以上、また上を目指すチームである以上、選手の入替は避けては通れない道です。

酒井もいつもこの時期は辛い時期だった気がします。
無職で年を越すなんてことは当たり前です。
年明けに結婚式が控えていながら2月の給料は “ゼロ” なんて時期もありました。
精神力がつきます。


Jリーグでプレーしている時、最期の練習の後、ある監督がこんな話をしてくれました。


選手は船乗りである。
自分の船に乗り、自分で帆を立て、自分で舵をとり、サッカーという大海原へ旅立たなければならない。

みんなが所属するクラブは港である。
そこで新しい荷物を積み、また旅立たなければならない。
チームを去る人間は今がその時だ。

みんなは荷物を積むだけではなく、たくさんの大切な荷物を降ろしてくれた。
大切な宝物を置いていってくれた。

また、次の港で会いましょう!!

ってね。


酒井もいろんな港でたくさんの荷物を積むことができました。
今度は子ども達の為に、大切な宝物を置いていきたいと思っています。
そんな選手になりたと思っています。

今日はかっこよ~く締めます。

これからゼルビアの妹分のキッズチアダンスのクリスマス会へ出席してきます。
なにやら酒井も踊るらしい。

そして夜は高級焼肉を食べに都内へ向かいます!!

よ・ろ・に・く~!!!

力仕事
今日は病院にMRIという検査をしに行きました。

年明けに僕の恥骨の鑑定結果が出ます。


その後は事務所の大掃除。
2階から3階へ巨大な机を運びました。

僕がこのクラブに来たときはまだ事務所すらありませんでした。
立派なものです。


明日の午後で仕事納め。
まったく仕事が納まっていないですが納めます。

それでは帰ります。




イブ
イブにこいつと過ごしたりなんてしてませんよ…。

絶対に…。

200812242145000.jpg

クリスマスが終わるとあっという間に年が明けます。

今年はJFL昇格を決め、素晴らしい一年だった。

来年はどんな年になるのだろうと考えながら…。


お仕事始めます。
感謝の気持ちを込めて
小学生の頃、歴史年表を丸暗記させられて歴史が嫌いになりました。
そのトラウマで学生時代は歴史が大嫌いでした。

誰も体験したことのない“過去”の話なんだから想像をかき立ててあげるようなアプローチをすれば絶対に楽しいのにと思います。
言うだけは簡単ですけど!!


今日はFC町田ゼルビアフットボールスクールの感謝祭でした。

PC170010.jpg

今日もチビ達のキラリと光る瞬間に癒されました。

小学生年代はリーグ戦を行い、優勝チームを決め、そのチーム内のPK大会で優勝者1名を決め、ゼルビアオリジナルTシャツをプレゼント。

PC170017.jpg
もちろんキーパーはエース柏木。

PC170023.jpg
酒井は勝負事が大好きです。
勝つことを植えつけます。

PC170030.jpg
試合の合間にトップチーム選手のユニホームを着て記念撮影。
モリモリ森川コーチのアイデア。
言われたことはできないが、奇抜なアイデアで勝負です。

スクールのチビ達、そして保護者の皆様。
今年一年間本当にありがとうございました。
来年も宜しくお願いします。

PS・水、木のフットサルステージ、金の南大野はまだ開催しますよ~。


ついに激突
明日はスクールのイベントがあります。

題して

 “祝・JFL昇格クリスマス大感謝祭”

本町田・フットサルステージ・南大野の3開講地の精鋭達が大集合。
ミニゲーム大会を開催予定。
もちろん無料です。

各クラスでお山の大将だったチビ達の鼻がへし折られます。
上には上がいることを思い知らされます。

本町田のあいつとフットサルステージのあいつの1vs1を想像すると今夜は眠れません。
きっと良い経験になるはずです。

ゼルビアの選手達も駆け付けます。
サインも写真撮影もOKです。
酒井は2時間待ち必至。

楽しみです!!

PC130089.jpg
アイヌ民族のシャクシャインという人の銅像です。
静内一帯を支配していたそうです。

PC130086.jpg
明治維新後に淡路島から静内へ開拓に行った稲田藩。
酒井はこの開拓民の血を引いています。
【北の零年】という映画にもなりました。

この辺の歴史にはまりつつあります。
調べ上げます。

サボっていたわけではありません。
法事で父親の実家、北海道の新ひだか町に行ってきました。

中1以来なので実に18年ぶりです。

オヤジの実家は競馬馬を育てています。
競馬の好きな人は “静内” と言えばわかるのではないでしょうか。

酒井はプロ入りして以来、ギャンブルから足を洗いました。
なぜなら人生がギャンブルみたいなものだから。

ちなみに実家はこんな感じ↓

PC130080.jpg

PC130082.jpg

酒井家の皆様、大変お世話になりました!!

また行きます!!

再びコンサドーレと戦いに!!


PS・スクールをお休みしてごめんなさい。
今さら言われてもどうしようもないことってありますよね。
FC町田ジュニアユース出身の酒井はFC町田ゼルビアを “町田ゼルビア” と言われると

『FCも付けてくれ!』

と思ってしまいます。

 “ゼルビア” が定着してきているのは非常にうれしいのですが、1977年創立のFC町田こそ地域に根ざしてきたクラブであり、全国にその名を轟かせてきた名門クラブなのです。

ちょっと名前が長いのが気になりますが…。



さて、恥骨の検査とリハビリを続けている酒井ですが、レントゲンの結果、骨盤の形がちょっと人と違うことが判明しました。

よくこの骨盤でここまでやってきたなと。

知りません。
そんなこと今さら言われても…。

ちなみに左のお尻の筋力は中学生並だと。
ちなみに来年32歳ですけど。

お尻が頑張れないから内転筋が頑張っちゃうらしい。

内転が泣いてる理由が分かりました。
そういえば年がら年中、内転は痛いです。

後日、MRIというもっと詳しい検査をしてすべてがわかります。

鑑定やいかに。




ひらめきを生む場所はここです。
どうやら見られていたようです…。

ホッピーとおでんと新聞のセットがひらめきを生みます。
おはようございます。
今日も早朝から動きは軽快です。


昨日はアンチエイジング・シニアサッカーの日でした。

30名を越す皆さんに参加して頂きました。

皆さんに伝えました。

『皆さんはもう “地域リーグ” のシニアサッカーの受講生ではありません。 “JFL” のシニアサッカーの受講生です。厳しくいきます!!』 (笑)

本当に勝って帰ってこれてよかった。
鳥取砂丘に埋まるか、石垣島のサトウキビ畑で一生過ごすことにならなくて良かった。

来月のアンチエイジング・シニアサッカーは1月10日です。
新年早々ですが、正月の鈍った身体を叩き起こしましょう。
お待ちしております。

お申し込みは 【NPO法人アスレチッククラブ町田】 まで。
電話・FAX・メールでお申し込みください。

運が良ければ、酒井とおしゃべりできます。
まじめに出勤していればの話ですが…。



新橋
新橋のサラリーマンの平均お小遣いより、酒井のお小遣いの方が安かった事実に改めて不況を実感しました。
来年のターゲットは新橋のサラリーマンに狙いを定めました。

今日は13:00からのシニアサッカーまで久々に時間があるので爆睡してやろうとたくらんでいましたが…。
時間に余裕があると思うと、ウキウキして6:30に目が覚めてしまいました。

休みの日になるといつもより早く起きてくる親父に似てきました。

余談はここまで。


桐光学園高校サッカー部 がお正月の選手権への出場を決めました。

2年ぶり5回目だそうです。
酒井が高1の時が初出場(酒井は応援団)
高3の時にも出ましたが、一回戦で東福岡に負けました。
その次の年は、中村俊輔が活躍し準優勝でした。

CFの瀬沼君、注目です。
酒井と同じ相模原市出身。
長身を生かしたポストプレーはもちろん、前を向いても仕事ができます。
卒業後の進路はわかりませんが、いつかゼルビアでプレーしてください。

では家の片付けを始めます。


喝!!!
とある居酒屋で小学校から私立で育った慶應大の学生に会いました。
出会いは素晴らしい…。
はずでした。

卒業後は東京都の職員になりたい。
おそらくなっちゃうんだろうな。
民主主義やら東京都の行く末やら熱く語ってくれました。

でも、おでんの大根に箸を刺したまま話すのはやめなさい。
もちろん

『お前その箸どうにかしろ!』

と怒鳴りつけてたのは言うまでもありません。
今後の日本、そして東京都が不安です。
民主主義より東京都の未来よりお行儀です。

何より、 大根を粗末に扱う野郎は許しません!

慶應ボーイより農大ボーイです。

おでんの大根はサッカーで言うとエースストライカーです。
大根がないということは翼君のいないキャプテン翼です。

もっとおでんを愛してください。

東京都の未来は変わります。

それでは仕事に取りかかります。
朝から失礼しました。



森川伝説その2
ミニストップのレジに並んでいたら前の客(20歳前後)が店員に聞いていました。

『この○○ポテトって美味しいですか?』

食の本質を突いた鋭い質問なのか、はたまた先の展開を読めない現代人のコミュニケーションスキルなのかわかりませんが。

もちろん店員の答えは、酒井の予想通り、苦笑いしながら

『美味しいですよ!』

と答えていました。

JFL昇格を果たしたFC町田ゼルビアの遠征風景をお伝えします。
宴会課長の森川君。
優勝を決めた試合の帰りのバスでも大はしゃぎ。

その①
PB240035.jpg

その②
PB240034.jpg

その③
PB240032.jpg


そして…。
PB240031.jpg
『うるさい!!』
と山口キャプテンに怒られた森川君…。

引き続き頑張ってください。



冬晴れ
町田に戻り、スクールのチビ達や保護者の皆さんに祝福され、JFL昇格の実感が日に日に湧いてきています。

チビ達に伝えます。
来年はJFL、その次はJリーグだと。
数年後は君たちがゼルビアのユニホームを着てピッチに立つんだぞと。
準備はできているか?と。
チビ達の顔色が変わります。

金融危機を発端に大不況の波が押し寄せてきている昨今、年間17試合町田でJFLの試合が開催されるということは、大きな意味を持つと思っています。
選手やスタッフ、サポーターが宿泊するホテル、交通機関、警備会社、飲食店、様々な所にお金をおとしていきます。
そして何より、子どもに夢を、大人に幸せを運びます。

だから市長!!
準加盟申請をクリアできるスタジアムを!
そしてサッカー専用スタジアムを!


PB220023.jpg
鳥取&石垣島遠征に帯同してくれたマネージャー達。
選手の洗濯物をすべて洗ってくれました。
間違いなく選手のコンディションはどこのチームより良かった。
マネージャーの一人はゼルビアの試合の為に仕事を辞めたそうです。

まだまだ旅は続きます…。



もう一つの昇格
モンテディオ山形 がJ1へ昇格しました。

たった1年の在籍期間でしたがOBとして誇りに思います。
海山で一人お祝いをしました。

Image044.jpg
山形の酒 上喜元 
青春時代の歌を聴くとその当時を思い出すと言いますが、私はこのピリッとした酒を呑むと山形を思い出します。
冬のあのひんやりとした空気が大好きです。

さて、JFL昇格を果たしたFC町田ゼルビアですが、休む間なく組織はフル回転です。
スクール事業部も未知の世界へ挑戦です。
クラブの環境と共にスクールの環境も整備していきます。

9日間で6試合を戦い抜いたゼルビア戦士達。
特にスタメン唯一の30代の酒井はこの人達抜きにはこの大会を語れません。

PB230025.jpg
三宅スポーツマッサージ 所属の上村トレーナーと宮崎トレーナー。
酒井の恥骨の痛みを和らげてくれました。
この二人がいなければ全試合スタメンは絶対に無理でした。
本当にありがとう。

PB230026.jpg
そしてリラックスしただらしない柳氏。


ジョズエ
ジョズエが鳥栖に戻りました。

怪我もあり思うような活躍ができませんでしたが、また鳥栖で頑張ってくれると思います。

そんなジョズエですが、怪我の治療、リハビリの関係で急遽チームを離れることとなり、スクールの子ども達にお別れの挨拶ができず、残念がっていました。

FC町田ゼルビアがJリーグに上がった時、また町田でプレーしてもらいましょう。

頑張れジョズエ!!

P5160106.jpg
やっぱり町田が一番
町田に帰ってきました。

急遽開催したにも関わらず、JFL昇格報告会に足を運んでくれた皆様、ありがとうございました。
その後町田で一杯やろうと思ったのですが、身体が普通じゃないので帰宅しました。
明日から早速お仕事です。

僕たちが人生を懸けて取り組んできた活動が、こんなにも人の心を動かしているということを感じ、やっとJFLに昇格したという実感が湧いてきました。

最後の試合となる週末のKSLカップ決勝、そしてその後のシーズンオフ期間は地域に根ざしたクラブになるための活動を地道に続けます。

しっかりと根を張らないと大きな木はすぐに倒れてしまいます。
今まで続けてきた活動はこれからも続けていきます。

半分目が閉じてきたので寝ます。
おやすみなさい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。