『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それぞれの想い
アウェーでのニューウェーブ北九州戦。

今シーズン最終節。

お互いの意地とプライドがぶつかり合った、タフな試合でした。

1-1のドローでお互いPKでの得点でしたか、スコア以上に僕らも楽しめました。

北九州まで応援に来てくれたみなさん、ありがとうございました。


さて、今シーズンはこれで終わりとなりますが、選手はこれから契約更改に入ります。

僕を含め、来年もゼルビアでサッカーができるのか、違うチームに行くことになるのか、違う道に進むのか。

みんな色々な想いが交錯する年末となります。

それでも、一緒に戦ったみんなに感謝の気持ちで一杯です。

どんな形になろうとも、胸を張って前に進みましょう。

きっと明るい未来が待っています。


昨日、監督が言っていましたが、色々なことがあった一年でしたが、それでも誰一人チームの輪から外れることなく最後まで戦ってくれたことに、キャプテンとして感謝します。

仕事をしながらでも。

前期勝てなく批判にあっても。

試合に出られなくても。

J昇格が見送りになっても。

それでも最後まで文句ひとつ言わずに戦ってくれた皆さんに感謝します。


結果はどうであれ、人生を賭けて本気で戦ったこの経験は、必ず自分自身の血となり骨となって支えてくれます。

それを知っているから、みんなにずっとサッカーを続けてもらいたいし、自分自身もやめられないのです。

明日から、またボールを蹴ります。

スポンサーサイト
時のチームと経済効果
ゼルビアがゴンちゃんにオファーを出したということで、巷では噂になっています。

キャラが僕とかぶると心配されている方もいるみたいですが、大丈夫です。

僕は新境地を開拓します。

また、法政大学の調査によると、ゼルビアがJに昇格すると、9億円の経済効果があるらしい。

昨年から続くこの不景気に、なんとも明るい話ではないか!

ということは、一応選手である僕も、多少なりともこの9億円を生み出すことになるわけだ。


ここで問題なが、この9億円が僕のお小遣いに影響するかどうかということ。

どなたか、調査してください。


ではみなさんにお聞きします。

ゼルビアがJに昇格し、9億円の経済効果を生みだしたとしても、君のお小遣いは向こう3年は据え置きだと思う方。

下の拍手をポチっとお願いします。
洗濯機
酒井家の洗濯機が悲鳴を上げています。

回転するたびに、『キー!』と大きな音がします。

10年前に中古で購入したので、もう限界でしょう。

新しく購入したいですが、普通の形がいいのかドラム型がいいのか、またどの商品がいいのか見当も付きません。

誰か洗濯機に詳しい方、教えてください。


さて、今年の公式戦も残すところあと1試合となりました。

アウェーの北九州に乗り込みます。

北九州は今日の試合で、4位以内を確保し、順位としてはJ入りを決めました。


来年Jで戦うであろうチームと真っ向勝負して勝ちます。


首位を独走するチームに勝って。

8連勝中のチーム勝って。

来年Jで戦うチームに勝つ。


結果で証明しよう。
油性ペン
今日の試合前のミーティングで、Tコーチがホワイトボードびっしりに、油性ペンでメンバーやら確認事項を書いてしまったことは、黙っておきます。


今日はTDKの連勝をストップさせました。

特に前半は、アグレッシブなサッカーができたのではないでしょうか。

勝った時の選手の笑顔、チーム関係者の笑顔、そしてスタジアムに来てくれた皆さんの笑顔。

最高です。


さて、この疲労感は、火曜日までに取れるのでしょうか。

不安です…。
一応、イチョウの話をします
Image165.jpg

イチョウが黄色く色付いてきました。

もうこんな季節です。


先日、ふとコーヒーが飲みたくなり、金森にあるスタバのドライブスルーに行きました。

コーヒーが飲みたいのか、キレイな店員さんと話がしたかったのか、動機はご想像にお任せします。

ウキウキ気分で軽快にコーナーリングし、ドリップコーヒーを注文しようと思ったら。









男性でした。





仕方なく髪型につっこんでやりましたが、盛り上がりませんでした。




明日はホーム最終戦です。


いつの頃からか、今年が最後の年、この試合が最後の試合と思い、毎回試合前ユニホームに袖を通しています。

結果を出したご褒美に、またユニホームに袖を通すことができます。

この緊張と重圧と期待と不安と入り混じった気持ちが僕を奮い立たせます。

シーズン終盤で、ソックスには穴が空き、キャプテンマークのゴムはダルダルになってきていますが、そんな僕を明日も支えてください。

では明日も野津田競技場でイチョウのような黄色い声援をよろしく。


事業仕分け
事業仕分けが話題になっております。

初日のれんほーさんは、鬼気迫る勢いで、仕分けされる側のおばちゃんを追い詰めていましたが。

あの言い方はいかがなものでしょうか。

次の日から多少穏やかになっていたので、自分でも反省したのでしょう。

僕も気を付けるようにしているのですが、相手と話すときに、自分の意見を押し付けるような話し方をしないこと。

相手側にも反論の余地を残した話し方をすること。

そうでないと、正しいことを伝えようとしても、その答えよりも、お互いの感情が論点になってしまいます。

相手の意見をすべて包み込むぐらいの優しさがほしいです。

簡単にはいかないことですが…。


その事業仕分けですが、ワタミの社長さんがニュースのコメンテーターでこんな感じのことを言っていました。


“継続するか廃止にするか線引が難しいが、一度廃止にして、本当に必要な物は元に戻せばいい。”


僕が密かに調べている、【子ども夢基金】も危ないです。

この基金で色々出来そうだなと、資料まで入手していたのですが。


確かに国は、民間ではありえないお金の使い方をしてます。

僕がホッピーを我慢して払っている税金です。

ハッピーにしてくれなきゃ、怒ります。


そして、こうも言っていました。


“廃止にするだけではなく、明日のビジョンに向かって必要なお金は投資する”


これです。

無駄を省くだけではなく、しっかりとしたビジョンを持ち、必要なことには思い切って投資する。


僕も、事務所の消しゴムは最後まで使います。

事務所までは自転車で行きます。

トイレットペーパーは1マスだけ。

冬場も暖房を使わず、ベンチコートを着て仕事をします。

飲み物は水筒に入れていきます。


でも、これからゼルビアを支えてくれるであろう子ども達には、良い環境を作ってあげたいと思うのです。





ゴリフルエンザ
雨の日のスクールで、ハッスルしてキーパーをやると、家の洗濯機周辺がゴムチップだらけになります。

散乱したゴムチップを、そっ~と回収しました。


手袋

事務所の僕の隣の人、手袋しながらパソコン使っています。

ちなみに選手です。

奥は先日の試合で、オウンゴールなのに自分のゴールだと言い張る森○君。

寝起きの顔は、ザブングルの加藤に似ています。

だけど、意外とエクセルのテクニックを知ってます。

企画営業部の加○山君は、 “こんな技術があったいいな” と思うことは必ずエクセルでできると偉そうなことを言っていましたが本当でしょうか。

話を手袋の選手に戻しますが、何やら手荒れがヒドイらしい。

見せてもらったらすごかった。

病院に行ったら薬と手袋を渡されたらしい。

でもかなり良くなっています。

良かったね。

その手袋で試合にでたらウケルね。

では。
ブルーノは甲賀出身
滋賀からの帰りは渋滞もあり、8時間半かかりました。

町田到着は深夜12時半でした。

朝からお仕事の選手達、頑張って!(酒井はお休みですが…)

200911佐川滋賀 001
sagawa siga 戦のスタジアム

なんとなんと、このスタジアムは佐川グループの持ちの物だそうです。

あっぱれです。

隣に野球場らしき物もあり、佐川グループの保養所のような感じ。

企業スポーツが主流だった日本のスポーツ界も、バブルがパチンとしてから、ヨーロッパのような地域クラブに変わりつつあります。

我らがゼルビアも地域に根差したクラブを目指します。

そんな中、日本伝統の企業スポーツとして活動し続けるsagawa sigaですが、企業が地域に還元するという姿勢が見えて好感が持てました。

優勝がかかっていたとはいえ、JFLの企業チームで2000人入るところないでしょ。

ダンスイベントやミニコンサートを開催したり、良い雰囲気でした。

“形” ではなく “中身” が大切なんだと再確認。


さて、試合の方ですが、前半はチグハグでバタバタしていましたが、後半は自信を持ってボールをつなごうという指示でリズムを掴みました。

やはり僕たちはつながないと勝てません。

滋賀まで応援に来てくれた皆さん、ありがとうございました。

琵琶湖ってでかいですね。

昭和52年8月9日
滋賀まで6時間半かかりました。

運転手さんご苦労様でした。

最近、どこのホテルもネット回線完備なので、ブログの更新ができます。


早速、夕食でしたが、食堂のおばさんを僕のギャグで笑わせました。

年配の方を笑わせるのは比較的得意です。


今日のホテルは昭和の匂い漂うモダンな雰囲気です。

滋賀ホテル椅子
スナックではありません。


トレーナーさんはこれから深夜まで、選手のケアにあたります。

ご苦労様です。

ピッチに立つ選手の陰には様々な人の力があります。

みんなの力で明日の勝利を勝ち取りましょう。

滋賀マッサージ
モデルは最近噂の大前選手。


真冬の山中にて。
今週も慌ただしく一週間が過ぎて行きました。

あっという間に明日、滋賀へ移動です。

片道6時間以上かかるらしい。

プリンシプル

そんな長旅ですが、今年から、“プリンシプル自動車”のバスで移動です。

かつてはギュウギュウ詰めのマイクロや、もっと前は現地集合でした。

でも、今では快適にな大型バス移動になりました。

DVD完備のバスで、すべらない話を見ながら滋賀に向かいます。


そういえばザスパ草津時代、遠征の帰り道で長野から草津に抜ける山の中で、ガス欠でバスが止まってしまったことがありました。

雪が降り積もる真冬の山です。

最初は、『寝るな~!寝ると凍死するぞ~!』

とふざけていましたが、だんだん車内が寒くなってきて、笑えなくなりました。

外は氷点下です。

残り組の選手のピストン輸送で何とか生き延びました。


泣いても笑っても、残り3試合。

強い気持ちを持って臨みます。

勝って帰ってきます。

まだやるんですか。
柳崎バッジオ
 “町田のヒゲだけバッジオ” 

こと柳崎選手。

先日、定食屋さん 『とき』 でばったり会ったら昼飯タカられました。

そんな柳ですが、順調な回復を見せているそうです。

復帰は俺に50m走で勝ってからだな。

まぁ、絶好調時の君にも負けないけどね~。



今日のスポーツ新聞一面は、中山ゴンちゃんの磐田戦力外でした。

42歳です。

それでもまだ現役続行を希望するゴンちゃんに、ありがとうと言いたいです。


20代でできたプレーができなくなる。

今まで抜けた相手が抜けなくなる。

イメージ通りのプレーができなくなる。

全盛期を過ぎてもプレーし続けるならば、避けられない道です。


“できていたことが、できなくなる”


このストレスやジレンマと戦うことが一番キツイことだと思う。

でも、できていたことができなくなっても、まだアホみたいに上を目指して必死こいていると、今まで見えなかったものが見えてきます。


20代でできなかったプレーができるようになる。

抜けなくなった相手は味方を使いながら抜けばいい。

イメージ通りできなければイメージを変えればいい。

全盛期を過ぎても、まだまだ成長できると思っています。

20代で感じなかったサッカーの楽しさを感じることができます。


自分の能力を最大限引き出す努力をすることは、きっと指導者になっても大きな財産になると思っています。

自分の能力を引き出すことができない人間や、簡単に諦めてしまう人間に、他人の能力を引き出すことなんてできないでしょ。


そう思いながら、明日も今日より一歩前に進みます。







疑惑
攻めと守りのつなぎ役。

若手とベテランのつなぎ役。

ミスチルが好き。

朝のボール回しはちょっと苦手。

最近彼女ができたという噂の。


○前選手が “ブログ” で真相を明らかにしていますが。

疑惑は捨てきれません。

本町田近辺の路地で広島ナンバーの4WDを見かけたら、酒井までご一報お願いします。

あることないことの、ないことを数倍に膨らませて、他人にばらまくことに関しては僕らの右に出るものはいないでしょう。

今後も、○前選手の動向には注目が集まります。

ごめんなさい
自分が間違っていると思った時。


“ごめんなさい”


と言えるでしょうか。


子どもの頃、 『間違ったことをしたら、ちゃんと謝りなさい』 と、誰しも親から教えられたはずです。

また、自分が親になっても、子どもにそう教えているはずです。


でも、この世の中。

これは謝らない方がいいとか、今は謝罪すタイミングではないとか、謝罪するとミスを認めることになるとか。

大人はいつからか損得で “ごめんなさい” を使いえ分けるようになる。

世の中は矛盾していると知りながら、正しいことを子ども達伝えるということは、また矛盾しているな。


でも、沖野さんは言ってたな。

“自分が間違っていると思えば素直に謝れ。でも間違っていないと思うなら謝る必要はない”

沖野さんは矛盾していなかったな。


いろんな人と衝突することはわかっているけで、俺も沖野さんみたいに生きたい思うのです。


では、明日野津田で。
魔裟斗
今日のレディースクリニック(通称・レディクリ)でママさんに。

『酒井コーチ、魔裟斗に似てますね!』

と言われました。

そう、格闘家の魔裟斗です。

しかし…。

『ドラマでおしょうさんの格好をした魔裟斗に似ている』

そうです。


『バスケをしているやまピー』

には似ていませんか?


失礼しました。

忘れてください。






早いもので、今年も残すところあと2ヶ月となりました。

JFLも残り4試合。

ホーム野津田で2試合。

応援宜しくお願いします。
今日の朝
寒波です。

寒いです。

誰かさんがくだらないことばかり言っているからでしょうか。

ごめんなさい。

冷え込んだ寒い日の朝の空気は、山形を想いだします。

頬を刺すようなピリッとした空気、懐かしいです。


秋になると、山形市内を流れる馬見ヶ崎川の河川敷が何やら騒がしい。

普通は夏場にバーベキューで賑わうのに、山形では秋に賑わう。

涼しくなってからバーベキューか。

そんなに暑さが苦手か。

そうではなく、 “芋煮会” を開催しているのです。

東京の人からすると、ちょっと不思議な光景でした。

ちなみに内陸側と日本海側では味付けが違います。


山形の方言も、なかなか特徴的です。

わからないことがあったので、市役所に電話しましたが、余計にわからなくなりました。

方言が理解できませんでした。

本当?  →ほんてん?

トイレ   →しぇんつ

は憶えています。


寒さと雪のイメージがありますが、山形の夏は暑いです。

盆地の影響でしょうか、とんでもない気温まで上がることがあります。

でも、8月の終わりくらいから一気に涼しくなり、9月になるともう秋です。

半袖からすぐに厚着になるので、山形ではおしゃれができないと誰かが言っていました。


さくらんぼも有名で、その場で採って食べる、さくらんぼ狩りは最高です。

脚立に登ってパクッ。

種はピッと吐き捨ててOKでした。

さくらんぼは水分が多いので、お腹がちゃぽちゃぽになります。

そして、お腹の弱い僕は、帰り道コンビニのトイレ(しぇんつ)に寄ります。


温泉もお勧めです。

市内にもたくさんありますが、ちょっと足を延ばし、よく蔵王まで行っていました。

蔵王大露天

東京に帰ると途中に寄ると、東北道の直線で睡魔に襲われること間違いなしです。


以上、簡単な山形回想録です。

かわいい子には旅をさせろと言いますが、僕の激動の20代は今後の人生を豊かにすると確信しています。

さすらいの僕は、いつかまた自分探しの旅に出たいと思うのです。

まぁ、今度は一人で行ってくださいと言われていますが…。



勝手に紹介させて頂きますが、モンテディオ山形でプレーする “この人” のブログはお薦めです。

大学の関東選抜で一緒にプレーしただけですが、素晴らしい選手です。

山形の冷え込みには欠かせません。
時間と場所
今日はヴェルディとTMでした。

試合後、クールダウンすると思いきや、自主トレが始まりました。

Image157.jpg

みんなもっとうまくなりたいという気持ちでいっぱいです。

プロのように、場所と時間がないけれど。

それでも向上心を忘れずに取り組む選手達には、いつか檜舞台に立たせてあげたいと思うのです。

いやいや、俺が立つんだ!


ゼルビアがどんなカテゴリーになっても持ち続けなくてはいけない、大切な信念です。

明かりの点いている公園を探して歩いたあの時代を忘れちゃいけないんです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。