『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
ネルソン・マンデラ
日本のワールドカップが終わった。

PKは外したけど、120分魂込めて戦った駒野に、誰が文句を言おうか。

批判に耐え、重圧に耐え、戦い抜いた選手たちの涙に感動した!
(年々涙腺が弱くなります…)

日本はもっと強くなる。




[ネルソン・マンデラ]の続きを読む
スポンサーサイト
野津田とパラグアイ
試合後のふれあいサッカー。

幼稚園生のちび達に。

今日ゼルビア勝った~?

と聞くと。

勝った~! でも途中から寝ちゃった~!

かわいいから許します。


次も勝つために、しっかりとトレーニングを積みます。


[野津田とパラグアイ]の続きを読む
ワールドカップと本町田サッカー場
スクールのちび達が、ゴールを決めて、南アフリカ代表のダンスをしていた。

ここでしか会わない子ども達ばかりなのに、ピッタリと息が合っているのがスゴイです。

こころなしか、目が輝いて見えるのは、僕だけでしょうか。

ワールドカップ、そしてサッカーは素晴らしい。



[ワールドカップと本町田サッカー場]の続きを読む
ワールドカップと本町田サッカー場
スクールのちび達が、ゴールを決めて、南アフリカ代表のダンスをしていた。

ここでしか会わない子ども達ばかりなのに、ピッタリと息が合っているのがスゴイです。

こころなしか、目が輝いて見えるのは、僕だけでしょうか。

ワールドカップ、そしてサッカーは素晴らしい。



[ワールドカップと本町田サッカー場]の続きを読む
トマト記念日
バス停で待っている人の8割は携帯をいじっています。

今日は、スーパー銭湯の湯船に携帯を持ちこんでいる人がいました。

この人たちから携帯を取り上げたら、どんな行動をとるのでしょうか。

気になります。


[トマト記念日]の続きを読む
自信


戸田和幸のブログ

怪我で戦線離脱しています。

元気になって、敷島でスライディングしてください。

ザスパファンも、僕も楽しみにしています。


それにしても、文章がうまくて腹が立ちます(笑)




[自信]の続きを読む
好評のスボルメおじさんシリーズ
昨日、ばったり高校時代の先生に会いました。

お前はオモシロいヤツだったよと言われました。


先生が教室へ行くと、酒井がいない。

しばらくすると、ラグビーのヘッドギアと海パン姿で掃除用具入れから出てきたそうです。


まったく記憶にありませんが、なかなかオモシロいじゃない。





[好評のスボルメおじさんシリーズ]の続きを読む
サッカー
すいません。書いた記事の字を直そうとしたら消してしまいました。


シビレました。

これだからサッカーはやめられません。
[サッカー]の続きを読む
他力本願
100617_212632.jpg

このニンニク錠剤。

効くんです。

何に効くって、サッカーにですよ。


[他力本願]の続きを読む
酒井納得

日本人は昔から、立ち小便や外出先での便所を借りる、あまり好まれない習慣があるそうです。

欧米人からすると、不思議な行動のようです。

これは、パンと米の違いで、米は水分が多いので、日本人は欧米人よりトイレが近いそうです。

酒井納得。
[酒井納得]の続きを読む
勝ち点1を拾いました。

本当は、勝ち点3がほしかった。

でも、勝ち点1だけど、今まで取れなかった勝ち点を取ることができた。

一歩前進したと、前向きに考えよう。




[1]の続きを読む
勝つために必要なこと
苦しい時期が続き、この流れを断ち切るためには何が必要なのか。

勝つためには何が必要なのか。

いろいろ考える時間が多くなっていますが。


 “意地” しかないと思っています。


男としての意地。

サッカーマンとしての意地。


日曜日、その意地を見せます。




[勝つために必要なこと]の続きを読む
若気のイタリー

さかのぼること13年前。

関東大学リーグ2部最終節。

酒井良、大学1年生の19歳。


この試合に勝てば、1部との入れ替え戦に出場できる。




[若気のイタリー]の続きを読む
折れない心
100604_192224.jpg



Gショックが壊れた。

俺ショック。

9年近く毎日着けていたから、もう寿命か。

新しいのを買おう。


このGショックは、すごく想い入れがあって、なかなか新しいのを買う気にならなかった。


24歳の秋だった。

[折れない心]の続きを読む
文武両道
100603_124535.jpg

ニホンノ ダイガクインデ ケイエイヲ ベンキョウシテマス。

サッカーモ ガンバリマス。

カズキッス デス。


でわ。
最近気になること
その1

フレグランスを付ける。

と。

コロンを叩く。

は違うのか。



その2

チャ・ドゥリ



チョン・テセ

がフィジカルコンタクトしたらどっちが勝つのか。


そのあたりが最近気になります。


でわ。
“事の成る成らぬは、それを言う人間による”

司馬遼太郎さんの “竜馬がゆく” 6巻が終わろうとしています。

倒幕、維新に向けて加速するとともに、ページをめくるスピードも上がっていきます。


 “事の成る成らぬは、それを言う人間による”


ということを、考えながらこの本を書いている、と筆者は言っています。

まさにその通りだと思う。




[“事の成る成らぬは、それを言う人間による”]の続きを読む