『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【読書感想文NO16】  誇り  ドラガン・ストイコビッチの軌跡   木村元彦 
誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡 (集英社文庫)誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡 (集英社文庫)
(2000/09/20)
木村 元彦

商品詳細を見る


1990年のワールドカップは、

リアルタイムで見た、初めてのワールドカップでした。

オシム監督率いる、ユーゴスラビアはとても魅力的でした。

ユーゴ対アルゼンチンのビデオは、今でも実家にあります。

旧ユーゴの選手たちは、本当に“うまい”

ストイコビッチ、サビチェビッチ、ユーゴビッチ、

プロシネツキ、ミヤトビッチ、スーケル、etc

そして、ドラガン・ディミッチ。

しかし、1992年のヨーロッパ選手権は、

国連の制裁措置により、出場が取り消されてしまう。

その時のサッカーダイジェストに、

僕が中学生の時に特集された、

FC町田ジュニアユースが掲載されたため、

ストイコビッチの後ろ姿が、印象に残っている。


僕にとって、ユーゴ紛争とサッカーは切り離して考えられない。

ずっと心の中に引っかかっていたこと。

旧ユーゴスラビア時代にともに闘った選手たち、

同じユニホームを着て、同じ目標に向かって闘った選手たち。

国が分かれて、人々が殺し合って、何を思ったのか。

サッカーと政治は別問題。

でも、フットボーラーである前に、一人の人間なのです。

そんな疑問に触れてくれています。

でも、たぶん、僕にはわからないのでしょう。

でも、考えます。


でわ。



スポンサーサイト
ブーツは滑らない

ダナ-

やっぱり男のブーツは、


ダナ-



[ブーツは滑らない]の続きを読む
ふれあいサッカー
FC町田ゼルビアのホームゲームの後には、

『ふれあいサッカー』

という企画があります。

さっきまでグラウンドでプレーしていた選手達が、

その同じグラウンドで、

子どもたちと一緒にサッカーをするという企画。

今までずっと続けてきました。

今年はどうなるのか、僕にはわかりません。

続くのか続かないのか、

そもそも、Jリーグでこの企画が認められるのか、

時間的にできるのか。

一選手の僕にはどうすることもできませんが、

今まで関わってきた僕の想いということで、

読んで頂けるとありがたい。







[ふれあいサッカー]の続きを読む
【読書感想文NO15】  せんーさく  永嶋恵美
せん‐さくせん‐さく
(2000/08)
永嶋 恵美

商品詳細を見る


文章からにじみ出てくる違和感が、

だんだん解決されていく気がした。

ほじくってはいけない過去がある。

過去は過去で過ぎ去ってしまうのではなくて、

ずっとそばにいるのですね。


ショートムービーを制作しました
関東リーグの頃からお世話になっている、

アメカジ界の文部科学大臣、フェローズの志村代表が、

ショートムービーを制作したということで、

お知らせいたします。

こちら←

6分位のムービーですが、ちょっぴり微笑んでしまいました。


そんな僕も、フェローズの大ファンで、愛用させてもらっています。

いつだったか、

『じゃぁ、お前、フェローズの頭文字言ってみろよ!』

というので、自信満々で、

『 “F” ですよ!!』

と言ったら、

『バーカ!! “P” だよ!“PHERROW'S”だよ 』

と怒られました。

ん~ん、残念!!

[ショートムービーを制作しました]の続きを読む
紹介したい人がいます
mail_convert_20120221202525.jpg


名前:ゼルビー

出身地:町田市大地沢

習性:親の言うことを聞かない子供を見ると、
    クチバシで頭をつつく。

(イヤーブックより抜粋)


[紹介したい人がいます]の続きを読む
町田ゼルビアは好きじゃない
僕は、町田ゼルビアは好きではありません。

FC町田ゼルビアが大好きです。


[町田ゼルビアは好きじゃない]の続きを読む
【読書感想文NO14】  争うは本意ならねど  木村元彦
争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール
(2011/12/15)
木村 元彦

商品詳細を見る


キャンプ中に読みました。

こんな不条理なことがあっていいのでしょうか。

僕は映画を観ても、本を読んでも、感動はしても、

あまり感情移入することはないが、

この本には、胸にこみ上げるものがあった。

それは、彼がプロサッカー選手だからなのか。

すべてのサッカーファンに読んでもらいたい一冊。

そう、Jリーグを愛するみなさんに。

[【読書感想文NO14】  争うは本意ならねど  木村元彦]の続きを読む
【読書感想文NO13】  夏草の賦(上・下)  司馬遼太郎
夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)
(2005/09/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


夏草の賦 [新装版] 下 (文春文庫)夏草の賦 [新装版] 下 (文春文庫)
(2005/09/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


四国を征服した戦国武将、

長宗我部元親のお話。




[【読書感想文NO13】  夏草の賦(上・下)  司馬遼太郎]の続きを読む
卒業
ひとまず、僕の仕事は終わりました。

今日で、FC町田ゼルビアのスクールコーチを卒業します。

チビたち、保護者の皆様、ありがとうございました。


[卒業]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。