『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
【読書感想文NO38】  夜の公園   川上弘美
夜の公園夜の公園
(2006/04/22)
川上 弘美

商品詳細を見る


追いかければ逃げていき、

掴んだと思ったらするりとなくなる。


サッカーと、

男と女は、

一生をかけて追及するに値する、

奥深い難題だよね。

スポンサーサイト
夏の終わり

度重なるグッズ販売で、商品の値段を覚えてきた、

秋の夜長にこんばんわ。


残り試合、すべてが決勝戦です。

自分には今何ができるのか、坊主にして考えたのですが、

結局は、目の前にあることに全力を注ぐ。

巡り巡ってそこにたどり着く。

でも、その姿勢こそが、

本町田の菅原神社にまつられているという、(未確認事項)

サッカーの神様が力を貸してくれる。




[夏の終わり]の続きを読む
【読書感想文NO37】  赤い手   東野圭吾

赤い指赤い指
(2006/07/25)
東野 圭吾

商品詳細を見る



ずっとどんよりとした重い雲に覆われていたのですが、

最後に雲の隙間から、一筋の光が見えたので、

読んで良かったです。


夏の終わりの “さ会”

今日のグラウンドは、

蝉の鳴き声をバックに、とんぼが優雅に飛んでいました。

夏ももうすぐ終わりでしょうか。


そんな夏の終わりに、久しぶりの、

“さ会”

が開催されました。


[夏の終わりの “さ会”]の続きを読む
【読書感想文NO36】  誰か   宮部みゆき
誰か ----Somebody誰か ----Somebody
(2003/11/13)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


宮部みゆきさんて、時代小説も書くんですね。

これは違いますが。


[【読書感想文NO36】  誰か   宮部みゆき]の続きを読む
【読書感想文NO35】  どこから行っても遠い町   川上弘美
どこから行っても遠い町どこから行っても遠い町
(2008/11)
川上 弘美

商品詳細を見る


川上弘美さんという作家さんは、初めて読みました。


[【読書感想文NO35】  どこから行っても遠い町   川上弘美]の続きを読む
サッカーは文化だというお話
もうすぐ、沖野強化育成部長が亡くなって、3年になる。


スクール中、僕の目の前で倒れて、そのまま天国へ行ってしまった。


3年という月日が長いのか短いのかは人それぞれだけど、
当時JFL1年目だったゼルビアと、
Jリーグに昇格した今のゼルビアを比べると、
だいぶ昔のように思えてくる。


[サッカーは文化だというお話]の続きを読む