『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
格言
サッカーのまち

僕が何をするかよりも、

僕が子ども達に何を伝えるかの方が、遥かに大事。

スポンサーサイト
【読書感想文NO47】  原発ゼロで日本経済は再生する   吉原毅

原発ゼロで日本経済は再生する (角川oneテーマ21)原発ゼロで日本経済は再生する (角川oneテーマ21)
(2014/04/08)
吉原 毅

商品詳細を見る


信用金庫の理事長がなぜ脱原発?

原発に関しては、これからも考え続けなくてはいけない。


本題とはずれるが、この本を読んで、銀行と信用金庫の違いが良くわかった。

先代の理事長の口癖で、

『銀行は金儲けが目的です。私たちは社会貢献を目的とした共同組織金融機関で、

公益的な使命を持っている。銀行に成り下がってはいけませんよ。』

これは、決して銀行を否定している言葉ではなく、

信用金庫の使命に誇りを持って取り組みなさい、という意味ですよね。

商業主義を掲げて利益を追求することが目的ではなく、

地域の発展に寄与し、地域の人々を幸せにするための金融機関なんだと。


この本を読んで思った。

優れた選手を発掘し、育成するだけのスクールに成り下がってはだめだ。

ゼルビアのスクールは地域の発展に寄与し、

地域を幸せにするためのスクールであるべきなのだ。

最も公的な役割を持ったスクールでなければならない。

それが、ひろめ隊の活動なのです。