『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
【読書感想文NO49】  指揮官の流儀   曺貴裁

指揮官の流儀 直球リーダー論 (角川学芸出版単行本)指揮官の流儀 直球リーダー論 (角川学芸出版単行本)
(2015/02/23)
チョウ キジェ

商品詳細を見る


当時22歳だった僕は、2000年に湘南ベルマーレのユニホームを着て、

プロサッカー選手の道を歩み始めました。

12年後の35歳、現役として見届けた最後の試合の対戦相手は、湘南ベルマーレでした。

その試合で、ベルマーレは勝ってJ1復帰を決めました。

ゼルビア負けてJFL降格となりました。

失意のどん底にいる僕の姿を見付けて、歓喜の渦からひとり抜け出してきた、

眞壁社長(現会長)が僕の肩を抱きながら言いました。

『お前みたいな、このクラブの苦労を知っているやつが、ここからまた頑張らなきゃダメだろ!』

その言葉は、今でも僕の心の支えになっています。

[【読書感想文NO49】  指揮官の流儀   曺貴裁]の続きを読む
スポンサーサイト
【読書感想文NO48】  アスペルガー症候群の難題   井出草平

アスペルガー症候群の難題 (光文社新書)アスペルガー症候群の難題 (光文社新書)
(2014/10/15)
井出 草平

商品詳細を見る


子どもが誰かに傷つくことを言ったとする。

大人はこう言います。

『言われた○○くんの気持ちになってごらん。どう思う?』

ついカッとなって言ってしまった子は泣きながら、ごめんねと言う。

でも、本当に相手の気持ちがわからない想像力の障害があったとしたら…。

『人』 と 『物』 の区別がつかなかったら…。

少しでも大人が子どもの気持ちに近づいてあげないと、解決策は生まれない。