『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
意志あるところに道は開ける
dobahr dahn
(ドーバル ダーン/セルビア語でこんにちは)

明治維新直後、政府の命令により淡路島の稲田藩が、北海道という未開の荒野の開拓に出ました。
『北の零年』という映画にもなったので、知っている人もいるでしょう。
僕のルーツはその開拓団の一人です。今でも親父の実家は北海道の静内にあります。
[意志あるところに道は開ける]の続きを読む
スポンサーサイト