『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【読書感想文NO6】 夜明けの街で  東野圭吾
東野圭吾さんの作品を読んだのは、

たしか、『レイクサイド』が、

最初だったと思う。

すごく印象に残っていて、

それから何冊か読んだ。


この小説は、ストーリーこそ倫理的に、

お薦めできないが、

最後はどうなんるんだ?

と、ワクワクしながら2日で読み切った。

それにしても、作家さんはすごい。

紙に書く文章だけで、

その人物の顔まで想像させてしまうんだから。


サッカーも奥が深いけど、

サッカも奥が深い。

ブラボー角川書店。


でわ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。