『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酒井プロジェクト第二弾 ~現地訪問編~
ここのところ、涼しい日が続いてます。

酒井のオヤジギャグのせいだと、

苦情が来ていますが気にしません。

また暑さが戻るようです。

もう少し、頑張りましょう!!


さて、酒井プロジェクト第二弾ですが、

プロジェクトスタッフが、陸前高田市の、

高田FCを訪問してきましたので、

報告せさせて頂きます。




訪問したのは、この企画に賛同し、協力して頂いた、

社会福祉法人ウィズ町田の天野さん。

以下、天野さんの報告をもとに、

酒井のつたない文章で皆様にお伝えします。


本当は、子どもたちがサッカーをしている姿を、

見たかったのですが、

残念ながら、前日の大雨で、

グラウンドコンディションが悪く、

練習が中止になってしまいました。


子どもたちの様子は見ることができなかったのですが、

保護者の代表の方が、会いに来てくれました。

takata01_convert_20110823171638.jpg

酒井・吉田・星・勝又から、

ゼルビアのサイン入りユニホームをお渡ししました。

(価値が上がるように頑張ります!)


保護者代表の戸羽様より、プロジェクトにご協力頂いた皆様に、

メッセージを預かりました。


「お陰様で、夏休みの練習では、

 ゴールを目指して、

 元気に子供たちがフィールドを駆け回っている姿に、

 目を細めている次第であります。
  
 なんとお礼を言ってよいのか…。

 本当に感謝感謝であります。」


そして、サッカーゴールは、

takata02_convert_20110823173210.jpg

タイヤの上に、丁寧に置かれていました。

うれしいですね。

takata03_convert_20110823173431.jpg

校庭からは、震災前は見ることができなかった、

海が見えます。

何とも複雑な心境です。

takata05_convert_20110823194338.jpg

ただ1本残った、高田の松原の松の木が、

復興のシンボルになっています。

takata07_convert_20110823194608.jpg

「がれき」は依然、山積みで、

復興までには、

まだまだ長い時間がかかりそうです。


本来なら、僕自身が現地に行って、

自分の目で見て、感じるべきだ。

自分が見ないで口にすることは好きじゃない。

でも、今は自分のやるべきことがあって、

それができなかった。

みなさんの力のお陰で、今回こうやって、

ゴールを届けることができた。


僕の今やるべきことは、

“人間・酒井プロジェクト”

を遂行することなのです。

完成させてみせます。


絵本を届けた時にも書きました。

絵本を読んでいる間だけでも、

すべてを忘れて、楽しんでほしい。


高田FCの子どもたちも、

サッカーを楽しんでほしい。

まだまだ、不自由な生活が続くだろうけど、

グラウンドがあって、

サッカーゴールが2つあって、

仲間が11人いて、

相手が11人いて、

サッカーボールが1つあれば、

今までと変わらずサッカーができます。

サッカーをしている間だけでも、

震災前と変わらず、

夢を追いかけてほしい。


被災地の子どもたちの方が、

ずっと大変な思いをしているだろうけど、

僕も、ここまでサッカーを続けてきて、

いろんなことがありました。

でもね、

サッカーマンは、

サッカーさえできれば、

基本的に、幸せなのです。


さてさて、

ゴール購入のお会計ですが、

そろばんをはじいて計算していましたが、

実は公文式だったので、

もうしばらくお持ちください。


でわ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。