『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊急報告・酒井プロジェクト第三弾
皆さんのご協力のもとで進めてきた酒井プロジェクト。


第一弾は、相馬市に絵本を。

第二弾は、陸前高田市にサッカーゴールを。


そして今回は、酒井プロジェクト第三弾のお知らせです。



相馬市に絵本を贈ったことをきっかけに、

様々なつながりができました。

一回だけで終わるのではなく、小さな力でも長く続けられるように、

被災地の子どもたちの手助けになることができないかと、

酒井プロジェクトスタッフが、

現地の皆さんとやりとりを続けていました。

そんな中、

南相馬市原町区大甕(おおみか)サッカースポーツ少年団が、

サッカーゴールのネットを必要としていることがわかりました。


福島第一原発事故に伴い設定されていた、

緊急時避難準備区域が解除され、

10月17日から大甕小学校が再開となります。

今まで区域外の小学校に通っていた子どもたちが戻ってきます。

子どもたちの笑顔が目に浮かびますよね。

現在、PTAや地域の皆さんが、

急ピッチで除染作業を進めているそうです。

もちろん、校庭にあるサッカーゴールも、

放射線にさらされている可能性があるため除染します。

しかし、雨風を吸いこんでいるネットは廃棄せざるをえません。

今でも先が見えない不安と戦いながら生活をしているわけで、

ネットを購入するのだって簡単ではない。

そんな時に立ちあがるのが、酒井プロジェクト。

第三弾の準備金として残してあった、

第二弾の残金が7万円ほどあります。

酒井プロジェクトのリーダーとして決断し、

このネットの購入に使わせて頂きます。

小学校の再開が間近に迫っているということもあり、

すでに発注を済ませています。

スピーディーな展開こそ、

酒井プロジェクトの良いところでもあり、

ちょっとだけ不安なところでもあるのです!

もちろん、前回のサッカーゴール同様、

少しでも地域の皆さんの力になるよう、

地元のスポーツ店に発注しました。

ネット代は5万円です。


大甕小学校が再開するという事で、

10月17日(月)に朝7時~NHKの、

「おはよう日本」で生中継されるとのことです。

(東京で放送されるかどうかは酒井調査中)

もし、その時にゴールネットが映っていたら、

みなさんの募金で贈ったネットだと思ってください。

もしかしたら、当日に間に合わないかもしれませんが、

その時は、あぁ間に合わなかったなと思ってください!


サッカーマンならわかるでしょう。

ゴールネットに吸い込まれる、あの感覚。

シュートはね、集中して、試合をイメージして練習する。

何度も打って、身体にゴールの感覚を覚えさせる。

僕は、夢に出てきて何度も布団を蹴飛ばしたことがある。

練習で決めた経験が、試合での自信となる。


大甕サッカースポーツ少年団のみんな、Jリーグで待ってるぜ。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/14(金) 08:59:29 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。