『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パジャマを着ると選手寿命が延びる
僕がプロ入りして1年目に、

サッカーに対する、取り組む姿勢を教えてもらいました。

今でも現役でプレーできるのは、この人達のお陰です。



8歳上で、現在、名古屋グランパスU-18監督を務める 高田哲さん 

10歳上で、昨年、浦和レッズで監督を務めた 堀さん

12歳上で、現在、名古屋グランパスGKコーチの 伊藤裕二さん

みなさんタイプは違うけど、たくさん影響を受けました。


FC町田ゼルビアにも素晴らしいベテランがいました。

最年長だけど、散々若手にいじられた、ヨッシー吉田。

全国にたくさんの女性ファンがいますが、

頑固一徹、独身を貫き通す男。


そんなヨッシーは、ラルフローレンのパジャマに着替えて寝ます。

今の若い選手(僕も含む)は、

ジャージとかスウェットとかで寝るのが一般的なんですよね。

でも、ヨッシーは絵に描いたような、

 “パジャマ”

に着替えます。


一度、何でわざわざパジャマに着替えるのか聞いてみたのです。

『俺が見てきたベテラン選手は、みんなパジャマ着て寝るんだよ。』

本人曰く、着心地とか、リラックス感とか、疲れの取れ具合とか、

言っていましたが、そんな薄っぺらい話じゃないのです。

(ヨッシーが一番よくわかってらっしゃいますが)


サッカーとパジャマなんて関係ない。

パジャマを着て寝るとサッカーがうまくなるんですか?

そう思うかもしれません。


でも、パジャマまでこだわって、

少しでも疲れが取れるように、明日に疲れを残さないように、

細部までこだわって毎日を過ごす。

ピッチ内はもちろん、寝る格好までプロサッカー選手として過ごす。

そこまで考えてる選手は、

すべてに対してプロフェッショナルに考える。

だから、ヨッシーのように37歳になっても、

ピッチ立ち続けることができる。


誰が言ったか忘れましたかが、

“若い時は年寄りの友達を作れ、

 歳をとったら若者の友達を作れ”

という格言があります。


さて、パジャマ買いに行こう!!


でわ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。