『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海の向こうのスタジアム
イングランドのトップリーグでプレーしたことのある友人と、

昼飯を食いながら、その当時の話をしていたら、

『イングランドのスタジアムは、

 こういう裏(街なか)に普通にあるんだよ。』

と言っていました。

それはそれは便利でいいこと。




と、終わりにしてはいけません。

街なかにあるからといって、街なかに作ったということではない。

遠い昔にスタジアムが出来て、そのスタジアムを中心に、

街ができて、駅ができて、人が住むようになった。

日本のように、駅近にスタジアムを作るために、

行政の協力を得て、土地を確保して、住民に理解を得る。

そもそも、プロセス自体が違う。


企業主体のサッカーが、地域主体のサッカーへと変わった。

町田は自慢の地域主体のサッカークラブだと思っていた。

でも、本場は違う。

サッカーが街をを作ってきた。

そんなクラブに勝つには、どうすれば良いのでしょうか。

こりゃぁ、道のりは長い。

ってか、まず見てみたくなった。


でわ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。