『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【読書感想文NO28】  名もなき挑戦 ~世界最高峰にたどり着けた理由~  パクチソン【著】 吉崎エイジーニョ【訳】
名もなき挑戦 -世界最高峰にたどり着けた理由- パク・チソン自伝 (ShoPro Books)名もなき挑戦 -世界最高峰にたどり着けた理由- パク・チソン自伝 (ShoPro Books)
(2010/09/30)
パク・チソン(朴智星)

商品詳細を見る


まず始めに、なんでこの本を読もうかと思ったかというと、

翻訳している、吉崎エイジーニョさんという方が気になったから。

韓国、北朝鮮両国から、『スパイ来るな!』

と言われたことがある、スポーツライターさんらしい。


2001年だったと思うけど、

僕がベルマーレに在籍しているときに、

京都にいた、パク・チソンと対戦した記憶があります。

地味だけど攻守に渡ってハードワークするボランチという印象だった。

今とは多少印象が違う。


自分なりのやり方、困難や壁を乗り越え、

世界最高峰までたどり着いたコリアンドリーマー。


不安や緊張に襲われた時は、

すべてを空っぽにして、目の前に起こることに集中する。

すごく共感できるメンタルコントロール。


日本で一番仲の良い友達は、

京都で一緒にプレーした、熱田眞氏らしい。

FC町田ジュニアユース時代のひとつ上の天才でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。