『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【読書感想文NO29】  社長・溝畑宏の天国と地獄 ~大分トリニータの15年~   木村元彦 
社長・溝畑宏の天国と地獄 ~大分トリニータの15年社長・溝畑宏の天国と地獄 ~大分トリニータの15年
(2010/05/25)
木村 元彦

商品詳細を見る


大分トリニータも、いろいろあったんだね。

地方には地方のJクラブのあり方がある。


町田は東京で3チーム目のJクラブだけど、

“東京”と名乗らない、唯一のクラブ。

クラブライセンス制度の導入などで、

経営はよりシビアに見られるようになる。

それでも、

理念なきところにビジョンなし!

ビジョンなきところに未来なし!




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ジュニアチームも少子化の波に押されて、クラブ存続の危機に陥りつつあるクラブが市内にも出てきてます。
少年に何を、どういうコンセプトで、指導していくのか?何を身に着けさせようとするのか?ブレのない一貫の姿勢を持つクラブが残っていくのだと思います。自分の思いは不変です。確かめたい人は自分達のグランドへ来てもらえば判るはず。
ゼルビアも頑固さを持ち続けて欲しいです。良さんはまだまだその先頭を走ってくださいね!
2012/06/07(木) 10:39:58 | URL | tommy #XAjl2.RA[ 編集]
大分さんを潰しておきながら一人気楽な人。生活にこまっている大分の選手もいるのにね。売名行為だけの人。
2012/06/15(金) 17:39:05 | URL | 山川 #1vVb9O5o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。