『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【読書感想文NO30】  狼に育てられた子 カマラとアマラの養育日記  J.A.L..シング著 中野善達・清水知子訳
狼に育てられた子―カマラとアマラの養育日記 (野生児の記録 1)狼に育てられた子―カマラとアマラの養育日記 (野生児の記録 1)
(1977/01)
J.A.L.シング

商品詳細を見る


インドの奥地で狼に育てられた2人の少女が救出された。

その後、2人を育てたシング牧師の日記。


2人は、手と足の四本で走り、生肉を好んで食べ、

言葉は発せず、社会性もまったくなかった。


人間形成において、遺伝的素質も重要だが、

育てれる環境の方が、大きく関わってくることがわかる。

人間形成という意味でもそうだが、

サッカー選手という括りで考えても、

少年時代にどのような環境で育ったかということが、

プレーヤーとして大きく影響してくる。

だからこそ、育成年代の指導者は重要であり、

難しくもあり、大変やりがいのある仕事でもある。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
同じタイトルの絵本を持っています

「三つ子の魂百まで」

「子は親の背中を見て育つ」「←子は親が育てたように子は育つ」の方がスッと入ってきたかな~

とっても幸せな事に、我が家はパパが子育てに参加してくれて、子供達もパパが大好き!!

長男Yが生まれてから、パパをはじめ色々な方に支えて頂きながらここまでこれました。
本当に人間は一人では生きていけませんね~

子育ても同じだな。。
と思いながら読ませて頂き、初心に戻って考えさせられました

子育ても人間形成の基盤を作る大事なとき、良さんが言うように、難しくもあり、大変やりがいのある仕事でもある。
また明日から子育て楽しもうっと♪
2012/06/20(水) 19:43:19 | URL | hako♪ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。