『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカーは文化だというお話
もうすぐ、沖野強化育成部長が亡くなって、3年になる。


スクール中、僕の目の前で倒れて、そのまま天国へ行ってしまった。


3年という月日が長いのか短いのかは人それぞれだけど、
当時JFL1年目だったゼルビアと、
Jリーグに昇格した今のゼルビアを比べると、
だいぶ昔のように思えてくる。


沖野さんは、
たしか2008年の地域決勝の少し前にゼルビアに来たと思う。

当時僕は、他の選手が会社で働きながらサッカーをするのと同様に、
半分スクール、半分選手という形でサッカーをしていた。
名刺には、『スクール事業部課長』という肩書きがあった(笑)

毎週水曜日の午後は、事務所で事務作業をしていて、
沖野さんと二人きりになることが多かった。
その時、サッカーについて、特に子どもたちや普及活動について、
たくさんのことを教えてもらった。


いつか、スクールを無料にしたい。
玄関にランドセルを置いて、
グラウンドに行けばすぐにサッカーができる。
裕福な家も、そうでない家も、同じようにみんなサッカーができる。
そういう環境ができれば、絶対にトップチームは強くなるし、
地域に愛されるクラブになる。
町田ならそれができると思ったんだよ。


そう言っていた。


どこのクラブでも、
スクールがクラブを支える大事な事業になっているから、
無料にするというのは極論になってしまうかもしれないけど、
そういう理念を持ち続けることが大切だと、僕は受け取った。


地域決勝に勝って、JFL昇格を決めたあと、
翌年のチームのセレクションがあった。
そこに、そのあと3年間プレーすることになる、大前くんが来た。
地域決勝第一ラウンドでゼルビアと対戦し敗れた悔しさから、
勤務していた教員を退職する覚悟で、ゼルビアのセレクションに来た。


セレクションには、もちろん沖野さんもいる。
来季の陣容を決めるのは強化部長の大切な仕事だ。
そこで、沖野さんと大前くんは会った。
でも、初対面ではなかった。
大前くんが育った広島の西の方の、有名な鳥居が見える街で、
二人は出会っていた。
子供の頃、沖野さんが大前くんにサッカーを教えていた。


そのセレクション会場で、沖野さんはこう言ったという。

俺はお前のことを知らないことにする。
こっちから推薦することもしない。
自分の力で勝ち取れ。


そして、大前くんは100人以上の参加者の狭き門をくぐり抜け、
見事合格する。
もちろん、みんなが沖野さんと大前くんの関係を知ったのは、
だいぶあとのこと。


沖野さんはその後、一年も経たないうちに亡くなってしまった。
大前くんは、ゼルビアをJリーグに昇格させて、ユニホームを脱いだ。


そして、引退した大前くんは今、
ゼルビアのスクールや普及の最前線で戦っている。


創始者の重田先生が昔からずっと言っていた、

サッカーは文化だ。

という言葉を再確認させてもらった。

だから、町田はこれからもっと強くならなければいけない。



苦笑いかもしれないけど、

今年も、

最後に笑うのは俺たちだ。



でわ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/09(日) 01:10:57 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/11(火) 07:21:57 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/14(水) 22:20:37 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。