『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しみる言葉
誰かが何気なく言った言葉が、

不思議との心の中に残っていて、

自分に大きく影響を与えることってありますよね。



選抜という名の付くものには無縁だった僕が、

20歳の時に、関東大学選抜に選ばれた。

その時に、明○大学の1つ上で、

僕が以前所属していた東北のクラブで、

今でも現役を続ける、

宮○君が言っていたことがる。


『こうやって選抜とかに選ばれたあと、

 自分のチームに戻ると、突っ立ったプレーをしがちになる。』


なぜか僕の心に響いて、今でも時々思い出す。


自分が1つステップアップできたと思ったときこそ、

初心に返り、驕らず、なぜ自分が評価されたのかということを、

自分自身が知り、次の課題を見つけなくてはならない。

彼はそうやって、華奢な身体を鍛え上げ、

左足一本でここまできたのでしょう。


これからも思い出すことがあるんだろうな。


でわ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/19(金) 08:14:40 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。