『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
FC町田ゼルビアを愛する皆様へ
皆さんこんにちは。

約9カ月ぶりのブログ更新です。

パスワードを探すのに苦労しました…。



2014年、J3リーグも残り10試合となりました。

夏までは順調に勝ち点を重ねて首位をキープしていましたが、

ここ数試合、苦しい戦いが続き2位・3位との差も縮まってきています。


現役を引退しアカデミーコーチとなった僕が、トップチームに関してコメントすることが、

正しいことだとは思いません。

あとで、余計なことを書くなと怒られるかもしれません(笑)

それでも、残り10試合、3ヶ月。

今こそ、FC町田ゼルビアを心から愛する皆さんが、一つになる時ではないでしょうか。


2011年、初めてJ2昇格を勝ち取った年も苦しい戦いの連続でした。

首位どころか、昇格圏内の4位前後をウロウロする状態でした。

前年の2010年、第一期相馬ゼルビアで3位に入り、昇格圏内を勝ち取りましたが、

スタジアムの問題で、昇格見送りとなりました。

そこから、市民の皆さんや行政、市長の後押しでスタジアム改修が決まりました。

満を持して臨んだ2011年シーズンも、苦しい戦いの連続でした。

34歳のベテラン選手として、またクラブの先頭を走り続けてきた人間として、

のしかかるプレッシャーとの戦いでした。

トレーナーに胃薬をもらいにいくと、『さっきポポさんも来たよ。』

なんて日々でした。

相手と戦うというよりも、不安を打ち消す自分との戦いでした。

ネガティブなことが、頭の中でグルグルと渦を巻き、コントロールできなくなると、

手帳に書き出し、真正面からその不安と戦うことで乗り越えてきました。

手帳1

手帳2

今思い起こすと、9月からの3ヶ月は、僕の人生の中でも最も濃厚で刺激的な時間でした。


もしかすると、あの頃のような、初めて町田にJリーグのクラブができる、

という高揚感は今はないかもしれない。

それが、観客数に表れているのかもしれない。

昇格しても、どうせまた一年で戻ってくるんじゃないの?

今年は、地盤を固める年でいいんじゃないの?


いやいや、冗談じゃない。

目の前の勝負に勝ち、常に高みを目指すものにしか、安定なんてやってこない。

今こそ、FC町田ゼルビアを愛する皆さんが一つになり、戦う時ではないでしょうか。

友達を一人、野津田に連れて来てください。

いつもの1.25倍の声で選手を後押ししてください。

僕もできることをやり続けます。

子ども達に、あの選手たちの戦いを見ろと言い続けます。

いつの日か、ゼルビアのユニホームを着て、J1に昇格して、

浦和レッズを倒すんだぞ、言い続けます。


残り10試合。

最後に笑うのは俺たちだ。












スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/21(日) 12:18:32 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/22(月) 18:39:51 | | #[ 編集]
町田の昇格応援しています。
自分は相模原からですが、酒井さんの気合いに負けないぐらいサッカーを盛り上げていいけるようにがんばります!
2014/10/01(水) 19:19:53 | URL | しだ接骨院 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する