『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
さよなら。ねーさん。
若くして亡くなると、涙雨が降るらしいですね。

そんな、雨のお通夜でした。

葬儀に行くといつも、人は亡くなるとどうなるのだろうか?

という、子どものような疑問が右脳と左脳を行ったり来たりします。


ねーさん。

あなたのとの出会いは10年前かな。




10年前のゼルビアは、金もない、環境もない、

あるのは情熱だけのサッカークラブだった。

まだアマチュアだったから、クラブの内外に線を引くことなんてなくて、

ボランティアなんて言葉も存在しない時代だった。

プロ化されるまでの一番苦しい時期、僕達のそばにはいつも、ねーさんがいた。


練習が終わった後には、田舎の法事か、コンビニに配達する業者のような、

大きな箱におにぎりやサンドウィッチが詰め込まれていた。

金もない、時間もない僕たちは、むさぼるように食べ、

午後の仕事に向かった。


午前は事務作業、午後はスクール、夜練習の時は、

お昼前に、ねーさんが大きな鍋を抱えて事務所にやってくる。

お昼になると、狭い台所から良い匂いが漂ってくる。

『今日は、マーボー丼よ!』

金もない、時間もない僕たちは、むさぼるように食べ、

午後のスクールに向かった。


一緒に泣いて、一緒に笑った10年間でした。

ご冥福をお祈り致します。

そして、ねーさんが愛する家族に幸あれ。

200803280001_20161029181314578.jpg

200712270009s_20161029181540812.jpg











スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する