FC2ブログ
『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
サッカーは民族や言葉の壁を越える
昨年末に日本に戻り、日本の現実の中で日々格闘している。

丁度去年の今頃、印象深い試合があった。


U-16 セルビア全土リーグリーグ戦の終盤戦、ホームでノヴィパザルと対戦した。

ノヴィパザルからするとアウェー試合で、ヴォイヴォディナとは力の差もあるので、予想通り5バックでがっちりブロックを組んできた。

毎度のことながら、財政的に厳しく、芝生の管理まで行き渡らず、ボコボコのグラウンドでの試合になった。

覚悟はしていたが、ゴールが奪えずもどかしい前半となった。

アシスタントコーチとして監督をサポートする役割の僕は、ハーフタイムはいつも監督と一緒にロッカーに戻る。

ただ今日は、監督の様子や、試合展開からすると、CFを代えそうな雰囲気を感じたので、ピッチに残り控えCFのピプリッツァに付きっ切りでアップをした。

彼が出場すれば、必ずゴールチャンスが来ると確信していた。


ピプリッツァはまったく英語が喋れない。

ありったけのジェスチャーとセルビア語の単語で、

「とにかく時間を掛けないで早く打て。トラップミスしても素早く足を振り抜け。」

と伝え、ハーフタイムの短い時間だったが、間違いなく出てくるであろう、振り向いてシュートを入れたウォーミングアップでイメージを作らせた。

予想通り、監督は後半の頭からメンバーを変えてきた。

ロッカーから戻った監督から、

「ピプリッツァいくぞ、準備はいいか?」

「酒井とアップしたから大丈夫だ!」

と、監督に伝えたピプリッツァと固い握手をして送り出した。

そして彼は見事に5分で結果を出した。

ベンチに駆け寄るピプリッツァに監督は、「俺じゃなくて酒井の所だろ!」と粋な計らいをしてくれた。

サッカーは民族や言葉の壁を越える。
そんな場面をどうぞ。

~45:07辺りから~


その場面からはこちら
https://youtu.be/OYegkS3LePs?t=2723
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する