FC2ブログ
『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
売れない一冊の本 ~Episode 2~
頭の中でまったく構成されていない、この売れない一冊の本は、どこまでページ数が増えるのか、

はたまた、いつ更新が滞るのかまったくわからない。


さて、前回は、一時帰国前にポーランドに行こうと思い立った所で終わったはずだ。

僕は美味しい物は最後まで取ってタイプで、

小学校の給食で出るスープの中のうずらの卵は掃除の時間まで口の中に入れていて、

校舎の片隅で一人味わうのが好きだった。

だからポーランドの話はもう少し先送りして、僕が約1年間住むこととなる、

セルビアの第二の都市、ノビサドに到着した時に時計の針を戻したいと思う。


この派遣事業は、Jクラブから3名、ベルギー、ドイツ、セルビアの3か国に派遣された。

この3名が1期生となる。

すなわち、前例も、マニュアルもなく、セルビア到着後、一人になった2日目から、

ほぼほぼ出たとこ勝負の毎日だった。

まずは、ショッピングセンターで携帯電話を購入し、滞在するホテルを探すことから始まった。

渡航前の予定では、クラブ会長がホテルを所有しているということで、

そこに宿泊すればいいやと、安易に考えていたが、すでにその会長は他界しており、

違う会長に代っていた。

慌てていくつかホテルを回り、決めたのはトレーニングセンターまで徒歩5分にある、

結婚式場が併設された、郊外の小さいなホテルだった。

朝飯付きで一泊3千円いかない。

そしてここに2ヶ月住むことになる。

週末になると、セルビア式のディスコ化された宴会が朝方まで続いたが、

郷に入っては郷に従えで、そのうち慣れていく自分がいた。

IMG_2489_201812181333340ec.jpg

本当は、街のシンボルの要塞の中にあるおしゃれなホテルに宿泊したかったが、

僕には似合わないし、

車を購入しようか、自転車を購入しようか、街の形状も、土地感もない中で、

何よりトレーニングセンターまで交通手段が見当も付かなかった。

IMG_2678_20181218134947fa8.jpg
要塞(ホテル)から見下ろすペトロヴァラディンの街並みとドナウ川。ここに泊まって欧州のシティーボーイを目指す予定だったが…。


今考えると、僕の判断は間違いではなかった。

サッカーに集中できる環境こそが一番良い環境なのだから。

ホテルに宿泊している2ヶ月間で、街の雰囲気や練習のスケジュールを把握して、

クラブに手伝ってもらいながら、生活しやすい家を探すことになっていた。

そして、ホテルに滞在すること約2週間、この売れない一冊の本の最重要人物と出会う。

ミラン・ベリチコヴィッチ。

IMG_3599.jpg

渡航前に、セルビア大使館関係者、セルビア通ジャーナリスト、

通訳者、セルビア好きな方々にとコンタクトを取りながら、

現地で出会った、この不思議なセルビア人。

翌年、小野路グラウンドはもちろん、日本の僕の家まで遊びに来る仲になるなんて、

この時はまだ知る由もなかった。

これから、海外が挑戦しようとしている君、もしくはそんな子どもを持つお父さんお母さん、

語学の準備はもちろんだが、最も重要なのは異国の生活に自ら飛び込んでいく勇気だ。

ノビサドで合気道の師範を務めるこの男、

子どもの頃にたまたま近所に住んでいた日本人女性が書く 『漢字』に興味を持ち、

独学で日本語をマスターした変人。

通訳を頼んだ時にも、「この人のね、一挙手一投足がね…」と言葉が出てくる。

たまに忘れた漢字を僕が教えてもらうこともあった。

この後、ほぼ毎週末、彼と二人で色々な所に出掛け、

日本とセルビア、文化と民族、そして生きるとはどういうことか、

夜な夜な語り合うことになる。(だいたい、酔っ払いの戯言であるが)


ある時、『酒井さん、七輪で焼肉したくない?』と言われ、

炭焼き大好き人間の僕のハートは一瞬にして燃え上がった。

そもそも、セルビアに七輪はあるのか?

『日本のような七輪はないね。』

さて、どうしよう。

すでに燃え上がっている僕らのハートの火は簡単には消えない。

とにかく、ホームセンターに行こう。

『酒井さん、あったよ~。』

手にしている物は植木鉢。

『ブラボ~ミラン!』ってコラ。

底が抜けている植木鉢なので、底にアルミの受け皿を入れた。

でもこれじゃ、下が焦げるね。

ホームセンターの駐車場のおじさんに落ちている小さな石をもらい、

採石場のおじさんに砂をもらい、肉を購入して家に戻るともう夕方。

そして、セルビア人と日本人INノビサド炭火焼肉大会がひっそりと開催された。

それもミランさんのアパートのベランダで。

日本だったら近所迷惑で警察呼ばれる焼肉大会だが、

『大丈夫だよ、セルビア人は良い匂いだな~くらいにしか思わないよ。』

IMG_3586.jpg
日セル合作の七輪

IMG_3584.jpg
ミランさんの料理の腕前はプロ並み

IMG_3592.jpg
僕は飲み食い専門

今回も、航路が大きくずれてしまった。

ポーランド一人旅までたどり着くのはいつのことやら…。

ではまた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する