『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
男の生き様
福田健二という男を知っていますか?


Jリーグ開幕当初を知っている人なら知っているかもしれません。
酒井と同じ歳のストライカーです。

現在はスペイン2部でプレーしています。

この男、すごい男です。
生き様が。
まさにさすらいのストライカー。

高校生の時、酒井と同じ学年は『FWの当たり年』と言われていました。
柳沢、小島、山下、船越、吉原、などなどその後Jリーグで活躍する選手達ばかりでした。
その中でも一際目立つ存在が

“福田健二”

という選手でした。

うまい、速い、強い。
高校時代では柳沢より上だと思います。

ここからはブログで書いていいのか、簡単に言葉にしていいのか迷うぐらい壮絶な人生を送っています。

幼い頃両親が離婚し、母親一人で二人の息子を育てていました。
そして小学校5年生の時、母親が二人の息子を残し自らの手で命を絶ってしまうのです。

兄には原稿用紙3枚の遺書を残したの対して弟・健二にはたった3行だけが記されていました。


「好きなサッカーで
 世界に胸を張れる
 選手になってください。」


その言葉を胸に日本を飛び出し、世界に挑戦しているのです。


酒井も1つだけ叶えられないでいる夢があります。
一度でいいから海外でプレーすることです。
言い訳のできない、結果だけがすべての世界で勝負してみたい。

さんざん不安定な世界で勝負してきたのにまだこんなこと思うんだから…
手の施しようがないと自分でも思います


P2170169.jpg
福田健二選手の本です。興味のある方は是非。ダイヤモンド社
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/222-a1d9a37a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック