『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
『J』がもたらす物
先日、母校、桐光学園の先生と会う機会があり、こんなことを言われました。
「お前達(桐光からJリーガーになった人達)はなんだかんだ言っても自分の力で道を切り開いていくよな。」
俺の事は置いといて、諸先輩方、後輩達をみてもそう感じる。

サッカー選手は勉強もせず、世間知らずの人間が多いのも確かである。
しかし、これだけは身をもって感じる事ができる。

それは「実力次第でどこまでも上に行けること、実力がなければこの世界では生きていけないこと、誰も助けてくれないこと。」

元々、俺は高卒でのJリーグ入りは慎重に考えるべきだと思っている。(人として自立しているか、していないかという点で)

しかし、ニートやフリーターが社会問題になっている今、この事を知っているだけで、Jリーガーになる価値があるのかもしれない。

「Jリーグ」ってやっぱり素晴らしいですね。

結局は『町田にJリーグチームを作ろう』ってことが言いたいんです!!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
先日、となりのお父さんと話す機会があって、ゼルビアのことをいったら、なんとそのお父さんもゼルビアのファンクラブの会員になっていた、ということで大いに盛り上がりました、、、、2人とも昔はサッカーはやったことが無かったことにもかかわらず、、、、
(逆に息子のサッカーチームのコーチ達はゼルビアのことは知っていても、今のこの盛り上がっている雰囲気は知らないようでした「、、、横浜と、なんとかの権利がかちあっている、、、」ぐらいの認識でした)

となりのお父さんの子供が回らない口で「ジェルビア、ばんばれ!」といっているのを見るにつけ、確実にゼルビアが市民権を持ち始めているのを感じる今日この頃です~♪
2006/07/22(土) 01:42:21 | URL | フェイタン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/29-e379dbff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック