『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
戦争論
戦争に関して私の知識で軽々しく文面に残す事に関して抵抗はありますが、数年後自分の考えがどう変わっているか興味があるし、そしてなにより未来の大人達に平和に対するメッセージを送ります。
あくまでも酒井の個人的見解です。

開戦時の総理大臣は東条英機ということは知られていますが、終戦時の総理大臣は鈴木貫太郎ということはあまり知られていないのではないでしょうか。
一億玉砕、特攻、捕虜になることすら許されないという時代に、戦争を終わらせた人物に興味が湧きます。
どんな世界、時代でも慣例化された○を×と言える哲学と勇気には敬意を表します。

3年前に亡くなった母方のじいさんは満州へ戦争に行っていました。
生きて帰ってこなかったら私は存在しません。
先の戦争、太平洋戦争、大東亜戦争と呼び方はいろいろありますが、人と人が殺し合う“戦争”ということに代わりはありません。
じいさんがまだ元気な頃、親父が酒を呑みながら、よくじいさんから戦争の話を聞いていました。当時私はまだ『戦争なんて昔の話』と思い、あまり聞いていませんでした。ただ、今思うとなんとなく『これ以上は語れない』とそんな語り口だった気がします。

私は2003年~2004年の2年間、沖縄からJリーグチームを作る為に沖縄で過ごしました。
沖縄は日本で唯一地上戦が行われた、悲しい悲しい土地です。
今でも米軍基地が点在し、米軍の存在が生活の一部になっています。
米軍基地を沖縄から無くそうという運動がある一方で、米軍基地がなければ沖縄の経済は成り立たないということも事実でしょう。

私の住んでいた“那覇市与儀”という土地も戦争から切っても切り離せない場所です。
“与儀”という地名は“沖縄市”にもあります。だから、那覇空港からタクシーに乗って“与儀まで”というと沖縄市と勘違いされることがあります。そんなときはいつも決まって“タンク跡まで”と伝えます。なぜなら“那覇市与儀”は戦後、米軍のガソリンタンクの施設が作られ、そこが返還され住宅地となったところなのです。
戦後60年以上たった今でも戦争がこんなにも近い存在だったのかと感じ、ゾッとしたのを憶えています。

かみさんと近所の居酒屋へ行った時のこと。
オジー(沖縄でおじいさんのこと)が一人で酒を呑んでいました。思い切って戦争の話を聞いてみました。顔と言葉で本土の人間だということはわかったでしょう。色々話をしてくれましたが、最後は口を閉ざしてしまいました。
“悲惨すぎて伝えられない”
そう言っていました。
戦争を知るお年寄りが伝えようとしても、若い人達は戦争なんて昔の話と言って聞く耳をもたないとよく言いますが、沖縄では逆であまりの悲惨さに戦争を知るお年寄りが口を閉ざしてしまうそうです。
そんな話を実体験として経験しました。今でもそのオジーの表情が忘れられません。

沖縄には戦争の傷跡が今でもたくさん残っています。
平和祈念公園、ひめゆりの塔、海軍司令部壕、摩文仁の崖。
すべて、何度も足を運びましたが、何度行っても思考が停止します。
こんな世界がこの世の中にあったのかと。

テレビをつけると毎日殺人にニュースが流れます。
そんな世の中でも、たった2年間でも、命の尊さを身をもって体験できたことに感謝しています。
すべてサッカーのお陰です。

人間二人以上いれば意見の相違、価値観の違いで衝突します。
でも、その違いを受け入れ、お互いを高め合うエネルギーに変えましょう。

今日も行き付けの居酒屋でおっさん二人が口論になっていました。
育てた鶏は食えるか食えないかで。
一人は愛情を注いで育てた鶏なんて食えない。
もう一人は食べることこそ供養だと。
価値観の違いなので答えは出ません。
永遠2時間の討論。
そんな価値観の優越より、間に入るお二方の人生経験の方が面白い。

話は逸れてしまいましたが、お互いを尊重する気持こそ平和への第一歩なのでしょうか。そんな気がします。

偉そうな事を書いて申し訳ありません。

それでは寝ます。


PA310002.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
全くその通りですね
大部分の戦争って、悪の親玉がおこすモノではなく、小さな領土問題やどこかの国で自国民が被害を受けたということから起こるモノみたいです、、、、、
竹島の問題一つとってもそうですね、、、、

私はそういうときはサッカーで解決すべきだと思います~♪
2008/11/04(火) 00:48:34 | URL | マスター #-[ 編集]
葛藤
とても考えさせられる文章でした。 私自身、沖縄の基地文化を研究していますので、今現在(戦後半世紀以上たった今もなお)、沖縄は経済的にも基地に固執しがちです。 しかし、平和のためには基地の撤去が必要。。。。  この葛藤は根深く県民の心の奥にしがみついています。 今後の若者たちへの教育が基地問題打開の糸口を握っているのでしょうね。  
 とても温かい文章で優しい気持ちになれました!  サッカーがんばってくださいね。
2008/11/04(火) 02:02:47 | URL | DAN #-[ 編集]
良さん頑張ってますね。久しぶりに覗きました。写真が見覚えある場所のにゃんこに変わってますね。また呑みましょう。
こんな事書いていいのかな~?
2008/11/04(火) 19:07:19 | URL | つる #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/05(水) 22:39:23 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/479-3224b341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック