『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
新年に思うこと
新年あけましておめでとうございます

2009年、毎年言っていますが今年も勝負の年です。


さて、不況がスポーツ界にも津波のように押し寄せてきています。

ホンダがF1から撤退し、アイスホッケーの西武が解散、アメフトのオンワードも解散、親会社一本の企業の部活動的な位置づけのクラブがどんどん倒れています。

Jのクラブも運営費大幅カットのニュースも耳にします。

某沖縄のクラブで同じような体験をしている酒井は他人事ではありません。

一つの企業だけで支えられているクラブはその企業が傾くと一瞬にして共倒れしてしまいます。

そう考えると、もちろん大きなスポンサーが付かなければクラブは強化できないけど、金額は少なくてもたくさんの企業に支えられているクラブはそう簡単には倒れません。

1000万円のスポンサーについてもらうことは素晴らしいことです。

でも、酒井にはそんな営業力はありません。

酒井ができることは地域に根ざしたクラブを作ることです。

10万円のスポンサーが100社集まれば1000万円です。

10万円もの大金を出してどれだけの宣伝効果があるのか?

もしかしたらそこまでの宣伝効果はないのかもしれない。

でも、 『おらが街の自慢のクラブ』 『俺たちの誇りのクラブ』 と思ってもらえたら、それは決して高い金額ではないかもしれない。

自分の息子のように思ってもらえたら、きっと高い金額ではないと思う。

その為に今できることを続けていきます。

今後この不況が続いたら、またいつか大不況が押し寄せてきたら、規模を縮小する時が来るかもしれない。

カテゴリーを下げなくてはいけないときが来るかもしれない。

でも、絶対に倒れないクラブにすることが一番大切なことなのではないでしょうか。

高い木でなくても、幹のしっかりした根の張った木になるよう努力していきます。

それが町田のサッカー文化となります。

重田先生、守屋先生と渡ってきたバトンをしっかり次世代につなぎます。

町田ならできる、町田しかできないクラブを作ります。

ふと、何でこのクラブいるのだろうと考えると、この理念に共感したからなのでしょう。

どんなに強くなっても、どんな人が来ても、この理念だけは変えちゃいけない。

きれい事かもしれませんが、一人くらい頑固一徹がいてもいいでしょう。

2009年、決意表明とさせて頂きます。

ご静聴ありがとうございました。

夜更かししたので寝ます。

おやすみなさい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/04(日) 20:58:42 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/524-1a83df7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ばんがいニュース ○あけましておめでとうございます。FC町田ゼルビアは今年、JFLへ活躍の場を移し戦ってまいります。変わらぬご支援、ご声援をどうぞよろしくお願い申し上げます。 ○HPのコンテンツを増やしました。トップページ左上の「インフォメーション」から「まちだ
2009/01/02(金) 10:57:18 | 今日のゼルビア