『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの…沖縄の2年間をついに語ります…。
日曜日はFC琉球戦ということで、明日の朝、那覇空港へ向け飛び立ちます。

沖縄本島へは 『あの時』 以来なので、もう5年ぶりくらいになるのでしょうか。

泣いたり笑ったり怒ったりと、僕の中では特別な2年間だったことは確かで、社会の厳しさを知り、
そして何より自分にとってサッカーとは何なのかを再認識することが出来た貴重な時間でした。

どこから話して良いかわからない位、色々な事がありました。

なるべく短めに終わりますが、長文になったらごめんくさい。


大学卒業後、湘南ベルマーレに入団し、2シーズンを過ごし、モンテディオ山形へ移籍しました。

モンテディオ山形の在籍期間は1年間でした。

3年間で2回の戦力外通告ということで、サッカー選手としては完全に崖っぷちでした。

解雇通告の一ヶ月前に入籍し、新婚さんとしても崖っぷちでした。

それでも25歳の僕はまだまだやる気満々で、次のクラブを探していました。

Jリーグのトライアウトを受け、名前も出しちゃいますが、佐川急便東京(現JFLの佐川)というクラブからオファーを頂きました。

午前中、多少の仕事をするとはいえ、好条件のオファーでした。

結婚式を一ヶ月後に控える僕にとってはこれ以上ない話しでした。

それが…。

クリスマスも過ぎ、そろそろ先方へ『宜しくお願いします!』の電話をしようとした時、一本の電話がなりました。

湘南ベルマーレ在籍時の監督だった、加藤久さん(現京都サンガ監督)でした。

沖縄○○FC(あえて名前は出しません…)の監督を引き受けることになったので、ぜひ力を貸してくれ。

ではなかった…。移籍の選択肢に入れてくれないかという言い方だった気がします。

そして、用賀のデニーズで加藤久さんと二人で話しをしました。


佐川急便はJFLですがJリーグを目指していない。

でも社員として仕事も頑張れば引退後の将来設計もできる。

そして新婚さんには魅力の好待遇~。


沖縄○○FCはJFLより下の九州リーグ。

でも “沖縄からJリーグ” という明確な目標がある。

でも、プロ契約とはいえ、条件は佐川急便より遥かに下でした。


僕の心は揺れ動きます。

というのは表向きで、本心は沖縄へ行って勝負したかった。

そんな僕のわかりやすい悩みを見抜いたのか、かみさんは言いました。

『私は沖縄でもいいよ』

ラッキーと思った僕は、悩むふりをして2日間ぐらい時間を置き、『沖縄○○FCでお世話になります』と言う電話をしました。

今思うとそんな僕はちょっとかわいいです。

でも今考えると、あの給料でよく二人で生活していたなと思います。

母親からお金大丈夫?と度々電話がありました…。

そして結婚式を終え、沖縄へ向かいます。

どうしていいかわからないので、とりあえず、車と冷蔵庫やら洗濯機などの家財用具をフェリーに乗せ、那覇空港へ送りました。

僕とかみさんは、旅行会社のホテル&往復航空券付きのパックで、帰りの飛行機は乗らないという弾丸ツアーで沖縄へ向かいました。

旅行会社のホテル二日分とクラブが用意してくれたホテル二日分の、計四日間でアパートを決め、そしてそのまま住むという、今考えるとかなり無謀な作戦でした。

そしてその無謀は作戦を何とか成功させ、沖縄生活が始まりました。

集まった選手達は元Jリーガーばかりでしたが、僕と同じように崖っぷちの選手達ばかり。

再起を誓って沖縄へ来ましたが、自信を失っていました。

チームとしてまとまるのに時間がかかりましたが、徐々に調子を上げ、九州リーグを制しました。

しかし、地域リーグ決勝大会で静岡FCに敗れ、1年は終わりました。

そして、その頃から何やら雲行きが怪しくなり始めました。

沖縄へ来る前には、1年後には専用の練習場を作るとCGまで見せられましたが、いっこうに作る気配がありません。

勝利プレミアとして渡されるはずだった物ももらえませんでした。

選手会が話し合いの場を求めても、納得できる回答はありませんでした。

そして、明らかにチームとして不利になるような人事異動まで起こりました。

2シーズン目の第2節が終わった頃だったと思います。

クラブから今シーズン限りでスポンサーを撤退すると告げられました。

スポンサーといってもその企業の部活のようなチームです。

表向きは、会社の本業の為、サッカーチームにはお金を使わないということです。

遠く沖縄まで来てしまった僕らの夢はたった一年で砕け散りました。

そして、シーズン半ばに監督を含め、全選手が今シーズン限りで退団すると発表しました。

大の大人が、グラウンドの真ん中で全員泣きました。

泣き疲れて、日が暮れるまで、無言でボールを蹴り続けました。

本当に僕たちはサッカー選手として再起を賭け、人生を賭けて沖縄へ来ました。

そして、ここからは勝てば勝つほど悲しいくなる、人生でもっとも苦しいシーズンを送ることになります。

どんなに勝てなくても、試合に出られなくても、この時より辛い想いをしたことがありません。

全員の退団を発表すると九州リーグから、優勝しても地域決勝大会への参加を認めないと通達が来ました。

ごもっともです。

結局九州リーグでホンダロックに負け、2位でシーズンを終えました。

最後の大会となる、全国社会人大会で優勝して解散しようと、みんなで誓い合いました。

今は、優勝すると地域決勝に出場する権利をもらえますが、当時はそのルールがありませんでした。

本当に勝って終わろうという気持だけでした。

10月でしたが、来期の所属クラブが決定している選手は誰もいませんでした。

そんな不安定な中でも、全国優勝で解散しました。

今でも僕の中で大きな自信になっています。

岡山で開催されたのですが、翌日から大塚製薬(現ヴォルティス徳島)から練習参加の話しを頂き、その足で徳島へ向かいました。

朝、ホテルを出ようとすると、加藤監督がこっそり交通費として自腹で2万円渡してくれました。

選手と監督との関係を超え、親子のような気持になりました。

残念ながら、大塚製薬の入団テストは落ちました。


そして、ここから奇跡が起きます。

9月に当時JFLだったザスパ草津の練習に参加していました。

好感触だったのですが、台所事情の厳しいザスパでしたので、なかなか獲得とまでいきませんでした。

その頃、同時に以前所属していた、湘南ベルマーレから育成部のコーチの打診を受けていました。

後は心の準備をするだけでした。

すべてを終え、引っ越しの為に沖縄へもどりました。

もうしばらく沖縄を満喫し、ゆっくり過ごそうと思っていると、またもや一本の電話が鳴りました。

確か髪の毛を切っている時でした。

移籍交渉がまとまったから今日、草津に来てくれと。

JFL残り6試合という時でした。

今出ても今日中には草津に着かないので、翌朝一番の飛行機のを手配しました。

そして急いで荷物をまとめました。

アパートと車はどうにもならにのでそのままにしておくことにしました。

そして、かみさんには九州の実家に戻ってもらい、草津へ向かいました。

そしてJFL昇格を決め、ひょんな形で再び翌年Jリーグのピッチ立つことになります。

結構ドラマチックでしょ!


最後にひとつだけ、僕の心に大きな傷を残したことがあります。

全員退団したその沖縄のクラブはには100名を越す子ども達が在籍する下部組織がありました。

その子達も(もちろん保護者の判断)、会社の方針には納得できないということで、全員退団しました。

関係のない、子ども達を巻き込んでしまったことに、今でも責任を感じています。

でも、その後、加藤久監督を理事長にヴィクサーレ沖縄というクラブを立ち上げ、わずか数年で全日本少年サッカー大会に出場するという快挙を成し遂げました。


というわけで想い出の地、沖縄へ向かいます。

ご静聴ありがとうございました。

あ~指が痛い…。













スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ドラマチックでしょって・・・
笑って話してしまうところが酒井選手らしいですが(涙)

奥さんを大事にしてあげて下さい。

この2年間の想い、沖縄の子供達の想い
ゼルビアで晴らしてください。
沖縄までは行けないのは残念ですが気持ちは同じく北谷にあると信じています。

ゼルビア農園の大豊作期待しています!!
2009/05/29(金) 23:39:11 | URL | アンチエイジングぅオヤヂ #-[ 編集]
プロ選手の引き際
沖縄の子供たちの分、あなたは町田でたくさんのハナタレに笑顔を与えてます。
最大の笑顔を見せる我が子は、もはやサポーターを通り越し、自他共に認める酒井良ストーカーです。

私は種類は違えどプロ選手としてのキャリアをリタイアした経験があります。
怪我が原因でしたが、今でも悔いが残る選択です。
それはおそらく「引き際の美学」を追及するスポーツであったため、意に反しリタイアを選択せざる得なかったからです。

時がたって、たくさんのリタイア危機を乗り越え、自らの思いのまま、しぶとくプロ選手としてのキャリアを積むあなたやゼルビア選手が、私に今その夢の続きを見せてくれます。

もう完全に自分自身を重ね合わせて見ています。

だから勝っても負けても引き分けてもゼルビアが好き。

きっと降格しても好き。

誰が何と言おうとです。

だからNo.22の累積カードがなぜか誇らしい。

だから無愛想なNo.10の奥様のご出産ですら自分のことのようにうれしい。(これが最近特にうれしい。)

2011年Jリーガ酒井良が再誕生したとき、
戦力外をくれたチームにぜひキツイ恩返しをして差し上げてください。

「あなたのチームの戦力外が、今や町田のカリスマです。どんなもんじゃい!!」

なんて言ったりして。
2009/05/29(金) 23:59:28 | URL | こういちパパ #p4GOlP7Y[ 編集]
おぉ~
何度か壬生でお会いしたものです。

そんなことがあった後のザスパ移籍だったのですね。
当時は大変だったと思いますが、乗り越えてきたからこそ、今の酒井選手があるのですね。
9月は草津戦もありますが僕は浜川でお待ちしてます。だからホームでの引き分けをはらす勝利を勝ち取ってください。
厳しい試合が続きますがコンディションととのえて頑張ってください!
2009/05/30(土) 01:23:24 | URL | 草津サポ #pjUNBwCM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/31(日) 09:00:48 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/01(月) 22:40:21 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/612-de17c53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ばんがいニュース ●「5月無敗」が実現すればいよいよ「借金返済」です。アウェイ3連勝で反転攻勢です。 ●町田からの応援も200名を超えるとの情報も。大応援団のためにも負けられません。 ●次のホームゲームは玉川大学マッチ。全米2位のチアリーディング「ジュリアス」
2009/05/30(土) 09:11:27 | 今日のゼルビア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。