『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
照葉樹林文化という見たくなくなるようなタイトルの記事
梅雨入り前なのに紫外線を最大限吸収し、日に日に黒くなる酒井です。

こんばんわ。


昨日のジェフリザーブス戦は0-0のスコアレスドローでした。

1点が遠いです。

今回は僕がFWをに入りました。

得点を奪えないのはFWの責任です。

僕の力不足です。

ただ僕は諦めません。

1点を取るために明日も練習します。


さて、土曜日は月に一度のアンチエイジング・シニアサッカーの日でした。

シニアの “手つなぎ鬼” 迫力があります…。

P5300012.jpg

P5300013.jpg
大人の笑顔、最高です。


多少なりともクラブ作りに関わる僕には譲れない信念があります。

 “人を動かすためには人の心を動かす”

スクールで子ども達を指導し、子ども達の心を動かす。

小学校巡回指導で、子ども達の心を動かす。

レディースクリニックで、ママさん達の心を動かす。

シニアサッカーで、おじさん達の心を動かす。

そして、ピッチに立ち、観客の皆さんの心を動かす。

応援してください。支援してください。だけじゃ人の心は動かない。

ゼルビアを通して、一人でも多くの人達の心を動かす。

理想論と言われればそれまでだし、気の遠くなる作業かもしれません。

でも、50年後、100年後にゼルビアが地域に根ざし文化として定着するには気の遠くなる作業をこつこつとやり続けることが必要です。



【今日の一冊】
照葉樹林文化とは何か―東アジアの森が生み出した文明 (中公新書)照葉樹林文化とは何か―東アジアの森が生み出した文明 (中公新書)
(2007/11)
佐々木 高明

商品詳細を見る


照葉樹林とは、簡単に言うと東アジア一帯に広がる森のこと。

この森によって共通の文化が生まれます。

焼畑や稲作や信仰など、日本文化のルーツとされています。

日本人のアイデンティティを追求し、日本人の精神構造を解き明かす入口になるはずです。

日本人が欧米人に勝つためのヒントやゼルビアが文化として100年後にも生き続けるヒントが隠されている気がします。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/617-25300e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ばんがいニュース 20:00~ 相原G 選手ブログ更新分 『酒井良』のさすらい日記 照葉樹林文化という見たくなくなるようなタイトルの記事 その他のブログ・サイトから 暴走大将の雑記帳 : 次の一手をどうする? 町田0-0JEFリザーブス 玉川大学・玉川学園:Campus Today 20
2009/06/09(火) 05:32:46 | 今日のゼルビア