『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦争を知らずに
8月9日に生まれた僕は平和を愛します。

戦争はグラウンドの上だけで十分です。


毎年夏休みには幼稚園生から小学生を対象に “夏休みサッカー教室” を開催しています。

以前は午前中中心でしたが、今はコーチを務めるトップチームの選手の練習が週2回午前中になっているため、午後の開催となっています。

今回もそうですが、だいたい8月6日か9日の原爆が投下された日と重なります。

午前中開催の時は、黙祷の放送が流れるので子ども達と少し戦争について話しをするのですが、午後開催になってそんな機会も減ってしまいました。


数年前に他界した、僕の母方のじいさんは旧満州に兵隊として戦争に行って、生きて帰ってきました。

母親は戦後の子なので、じいさんが生きて帰ってこなかったら僕は存在しないことになります。

僕世代ですらギリギリ戦争の話しを聞けたくらいなので、今の子ども達には遠い昔の話しに聞こえるのでしょう。

ちょっと怖い気がします。


先日、新聞で原爆を投下したアメリカ兵が、戦争を早期に終わらせるためには仕方なかったという発言をしたという記事を読みました。

戦争を終わらせるためには何十万人の一般人を犠牲にしても仕方なかったということです。

あの戦争で負けた日本は戦勝国であるアメリカによる裁判を受けました。

たくさんの戦争指導者達が極刑を受けました。

戦勝国が敗戦国を裁くという裁判には疑問を感じます。

ケンカに勝ったヤツが負けたヤツを裁くようなものです。

日本の軍人さんは虐殺や戦争犯罪人として裁かれました。

原爆を投下してたくさんの民間人を殺したことは虐殺ではないのでしょうか。

と僕は思います。

日本もあの戦争の開戦は仕方なかった、避けることはできなかったという意見がありますが、それを言ってしまったら終わりです。

戦争の早期決着としてあの原爆は仕方なかったという理論と同じです。

人間は過ちを犯すことが愚かなのではなく、過ちを犯したことを反省しないことが愚かなのだと僕は思います。

僕はあの戦争で何が起こったのかを知り、戦争を回避することが出来なかったのかを学ぶことが平和を守るために必要なのではないかと思います。

同じ過ちを繰り返さないように、8月9日に生まれた僕は心のそこからそう思います。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ごめん!
おめでと!

って言うの忘れてたねv-409
2009/08/12(水) 02:47:37 | URL | りう #-[ 編集]
考えさせられます
戦争。
あの原爆投下があったから早く戦争が終わったなんて・・・。        どれだけの人が亡くなってどれだけの人が悲しんだか・・・。
正直、恥ずかしいですが自分はニュースで見るぐらいの知識しかありません。
こんなんじゃダメなんですね。
未来の子供逹・その子供逹ずっと語り継いでいかないといけませんね。
その為には自分達、大人がもっと戦争のことを知らなくてはなりませんね。
世界には内戦やらで、いまだに戦争してる国があります。
核兵器を作り・ミサイル発射させ隣国を脅かす国もあります。
何故そんなことをするんでしょうか。自分達の力を誇示する為でしょうか。話し合えばいいじゃないですかね。簡単にはいかないことはわかります。しかし多くの市民が悲しむことになります。         今は平和な日本ですが、もっと世界に向けて、言葉を発信しなきゃいけませんね。そのためには、1人ひとりがもっと戦争について、認識し感じなくてはなりませんね。
自分も、もう少し考えてみます。
今、自分達が平和に生きてるその過去には、悲しき思いがたくさんあるんですもんね。
2009/08/12(水) 10:12:31 | URL | おいどん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/655-cd598edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。