『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
コスタリカ
昨日、俊輔がテレビで言っていました。

守備が4で攻撃が6の配分でプレーするとかじゃなくて、両方6でやらなきゃ日本は勝てない。

まったくもって同感です。

世界を知っているからこそ言える、説得力のある言葉です。

僕は思うのですが、日本が世界と対等に戦える、あるいは上をいく時というのは、俊輔や中田英や小野や稲本など、世界のトップレベルと本気の戦いをしてきた人たちが指導者となった時じゃないかと。

肌で感じ、身体に刻み込まれた “感覚” を “言葉” にして伝えた時だと思っています。


そんなことを思ってから、だんだん海外志向が強くなってきています。

指導者としてじゃなくて、現役選手として。

もちろんゼルビアでやり残していることはたくさんあるし、もういらないと言われるまで戦い続ける決心をしていますが。

それでも子どもみたいに、海外でプレーしたいって思う気持ちをモチベーションにすることはありでしょ。

どっかのテレビ番組みたいに世界地図をダーツに国を選ぶのも面白いね。

そして町田に帰ってきて、世界基準の選手を育てる。

夢は膨らみます!

でわ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さすが!
かっこいいね!
そういう良さんが好きです!
2009/10/13(火) 00:49:20 | URL | Emi #MDo56pwE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/696-193c3172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック