『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
日々勉強
Image167.jpg

今日は打ち合わせで小田急百貨店にお邪魔したのですが、駅前の一等地であいつを発見しました。

やっぱり生え際がイニエスタみたいです。




選手としてプレーしながら、コーチとして指導していると、大変なことが多いけど、新たな発見もあるのです。


改めて気づいたこと。

人が成長する時って、“やらされている時” ではなくて “自らやろうとした時” なのです。

スクールでコーチをしていると感じることがあります。

練習が始まる前までは楽しそうにボールを蹴っている子が、いざ始まると急に難しそうな顔をするのです。

終わってボールを蹴って遊んでいる時はまた笑顔。

いつの間にか、サッカーで遊べなくなっているのです。
先日のスクール(高学年)の時にやらせてみました。

はい。今から20分間、好きにミニゲームやりなさい。ルールはすべてみんなで決めなさい。

すると、チーム分けは?キーパーは?

という質問が飛びます。

すべて自分たちで決めなさい。

最初は戸惑っていた子供たちも、段々テンションが上がってきます。

どうやってチームを決めようとか、キーパーはどうしようとか。

なんとなんと、ふざけて遊んでいる子を注意し始めます。

おいおい…。やればできるじゃん…。

ミニゲームが始まると、みんな楽しそう。

意欲的です。

“自らやろう” としています。

ミスを怖がる子も、コーチの顔色をうかがう子もいません。

僕は子供たちによく言うのですが、こんな小さいゴールを11人が必死で守ろうとしたら、普通にやっていたら入らないよね、と。

遊び心やアイデアとか発想とか、そんなのが大切なのです。

でも、指導者(僕自身が)がその環境を、その芽を摘んでしまっている気がしてなりません。

ファーストタッチとかサポートとか切り替えとか、言ってやらせるのは簡単だけど、自らやろうとする環境、自然とできるようにする環境を作ることを怠っている気がします。

規律と自由? 言葉はよくわかりませんが、自由の中にしっかりと規律を作れる選手になってもらいたいのです。

難しいな。

でも、サッカーってそんなもんだと思っています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
教える事よりも大切な事。
教える事も大切ですけど、酒井さんのようなコーチでなくてもできる事ってあるとおもうんですよね。
「今の良かったよ!」「かっこいいじゃん!」「○○くんならもっとできるでしょ~。」と、ほめて認めて次の目標のハードルをさりげなく上げてあげること。
新しいおもちゃやゲームが手に入ると夢中になるように「サッカーの面白さ」を子供たちが自ら手に入れられるような環境を整えることに関わっていけたら私もうれしいだろうな、と思います。
2009/12/02(水) 22:04:04 | URL | 藍琉 #jQJqjCxQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/727-67e6bb91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック