『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファンダメンタル
最近のエコカーと言われる車は、とんでもなく音が静かです。



先日、警備員のお兄ちゃんと話をする機会がありました。

僕と同じことを思っていたのですが、静かすぎて、車が動いているのがわからないと。

その方が、警備しているところは、前に幼稚園があるそうですが、駐車場に停めてある車が、バックで路地に出てきても、子どもたちはまったく気がつかないそうです。

だから、なるべくその車の前に立って、壁になるように警備しているそうです。

低燃費、エコロジーが安全を奪っています。
最近、五木寛之氏の “生きるヒント” という本を読みなおしているのですが、20年以上前に書かれているはずですが、僕が今思っていることと同じようなことが書かれていました。

エコという概念は当時から話題になっていたようで、車の排気ガスについて触れていました。


F1のように排ガスやガソリンをまき散らしてる車を製造する半面、エコだエコだと言って、低燃費や電気自動車の開発を競い合っています。

でも、F1というのはファンもたくさんいるし、僕も見るのは嫌いではないのです。

矛盾していると気づきいるのにね。


この矛盾を、奇数という考え方で表現していました。

偶数のように2で割れば、キッチリ割り切れるのではなく、2で割っても1余ってしまう。

この余りに気がついて受け入れることが世の中だと。


この時期、サッカー界では契約の話で持ち切りです。

Jリーグを見ていても、え?あんなに活躍した人が?という人が契約を打ち切れています。

選手の立場からすると、今まで何だったのか、これからどうすればいいのかさえわかないでしょう。

でも、クラブからすれば苦渋の決断だったのかもしれません。

これも、奇数の考え方に当てはまるのではないでしょうか。


最近、こんなことを考えながら、一人で唸っています。




生きるヒント―自分の人生を愛するための12章 (角川文庫)生きるヒント―自分の人生を愛するための12章 (角川文庫)
(1994/06)
五木 寛之

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
面白そうな本ですね。
今度買って読んでみたいと思います。
ところで酒井選手は「サッカーボーイズ」(今のところ三作出てます)という本を読んだことありますか?
もし読んでいたら感想聞かせて下さい。
2009/12/16(水) 19:03:36 | URL | モバイル営業マン #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/735-5a41d797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。