『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっとしたエピソード
“3単現のS”

をやっと理解しました。

33歳、酒井です。


明治維新の頃。

新撰組でお馴染みの土方歳三が、旧幕府軍の中心として、

箱館で、薩摩長州中心の官軍と戦った。

旧幕府軍130に対して、

官軍は500。


『恐れて逃げる者はは斬る』

そう指揮し、官軍の攻撃を押しとどめた。

その夜、土方は自ら酒を持って兵士をねぎらった。

『たくさん褒美を与えたいが、軍の規律が乱れるので、

一杯だけにさせてくれ』

土方は歳を重ねるごとに温厚になり、

人々が彼に信頼を寄せる姿は、

赤子が母を慕うかのようだった。


人間味が溢れる話に涙涙…。


でわ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/887-b32925b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。