『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正義
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
(2010/05/22)
マイケル・サンデルMichael J. Sandel

商品詳細を見る


久しぶりに考えながら読んだ。

行ったり来たりしながら、

うんうん唸ったり、

俺はそうは考えないよとか。


 “正義” とは何か。

1人を殺せば、5人が助かる状況があったら、

あなたはその1人を殺すべきか?

仕方がない、1人を殺すしかないと考えた、あなた。

その1人は、10人を治すことができる、カリスマ外科医だったら。

さて、どうする。

人間の命は、他人と比較できない、みんな平等だ。

と考えるとする。

でも、そもそも、人は生まれ持って、平等なのか。


 “平等” とは何か。

東大に入る学生の親の年収は、一般より圧倒的に高収入である。

もちろん、本人の頑張りも大事だが、

よい教育を受けた者の方が、明らかに有利だ。


 “幸福” とは何か。

幸福と感じることは、みんな同じなのか。

老後が保障され、安定した生活を送ることが、

幸福と感じる人もいれば、

そんな安定なんかいらない、今が楽しければ、それでいい。

年金なんか払うなら、美味いもんいっぱい食いたい。

それが、幸福と感じる人もいるかもしれない。

だったら、人それぞれ、自由に決めればいい。


待てよ、そもそも “自由” とは何か。

俺は自由に生きるから、税金なんて払わないよ。

俺の身体なんだから、金に困れば、臓器だって売るよ。

そう考える人もいるかもしれない。


臓器と言えば、今、月9でそんなドラマをやってる。

臓器を移植しないと、助からない女子高生がいる。

親族しか、ドナーになれないが、適合しない。

その女子高生の兄の前に、借金を抱えた女性が現れる。

兄は、借金を肩代わりし、その代わり、その女性と結婚し、

ドナーとなってもらう。

お金で、臓器の売り買いはできないが、同じことではないか。

結婚という形式が大事なのか、愛という見えない絆が大事なのか。


人間が10人いれば、10通りの考え方があるわけで。

大事なのは、他の意見もじっくりと考えながら、

自分の信念をもとに、自分の考えをしっかりと持ち続けることが、

大切なのだ、と感じた。

だからこそ、

町田にJリーグを!

と叫びたい。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
とても難しいですね。

平等なんてないですから…

『幸せ』は人それぞれですし。




私は親もなく施設から養子に出され

血の繋がりもない
両親に大切に育ててもらいました。


私は本当の両親を知りませんし、愛情を沢山くれたお父さんお母さんを親だと思っています。


血の繋がりがないだけで
『認めない』大人は沢山います。


解らない人は解らなくていい。


だって
私はこうやって生きていますし『幸せ』ですから。


『命』は
生きているすべてに平等でなければいけない。


人は自分勝手なので


『かわいそう』
っていうけど


じゃぁ
私の両親の様にできる
『大人』は少ないでしょう。

実子ではないからって。


何が不幸で幸せなんて
本人が感じればいいのです。


でなければ
私は

『不幸』

でなければいけないですから。


平等でなくても
『幸せ』であると
自分が感じればいい。

親がいて
わがままいって
願いを叶えてくれる事が
幸せではないのです。


同じ条件で

産まれる命は

すべてではないですから。

2010/11/11(木) 02:12:21 | URL | にや #-[ 編集]
考えさせられるなっ
難しいなぁ・・・
2010/11/11(木) 02:46:23 | URL | りう #-[ 編集]
町田にJリーグチームを!!
2010/11/13(土) 20:26:17 | URL | ゼルビスタ☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/909-7b76d569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。