『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相馬監督
先日、テレビをつけたら、フロンターレを指揮する、

相馬監督の映像が流れていました。

フロンターレのジャージを着ている相馬さんを見ると、

なんだが不思議な感じがしました。



逶ク鬥ャ縺輔s_convert_20110116185254





フロンターレに行くと聞いた時は、

正直、びっくりしたけど、

相馬サッカーを、選手が表現して、

それが評価された部分もあるだろうから、

選手からすると、けっこう誇らしく思えるのです。


相馬さんの想い出をいくつか挙げるとすると。


固定練習場を持たないゼルビアなので、

ロッカーなんてものはありません。

ワールドカップにも出た、あの相馬さんが、

駐車場の片隅で着替えている姿を見たら、

なんだか、僕が申し訳ない気持ちなったものです。


練習後の自主トレーニングで、

左サイドから、鋭いクロスボールが上がるな、

このキックは、丸山コーチの軌道じゃないな、

と思っていたら。

相馬さんでした。

そりゃ、鋭いボールだわ。世界のキックですから。


プロ入りしてから、今シーズンで11年目になる僕ですが、

過去、7人の監督の下でプレーしました。

ポポビッチ監督で、8人目となります。

やっぱりどの監督も素晴らしい監督で、

たくさん影響を受けました。

もちろん、相馬監督からも、たくさんのことを教わりました。

選手だから、いつまでもトップパフォーマンスを維持したいけど、

年齢を重ねれば、そうもいかなくなる。

全盛期で引退する人もいれば、

プレースタイルを変えながらでも、現役にこだわる選手もいる。

僕は、後者であるし、納得のいくまでボールを蹴りたい。

そういう意味で、相馬さんは僕に、

これからのプレースタイルの道を拓いてくれた。


まだ、現役選手である僕ですが、今までの監督や、

相馬さんの下でプレーして、

もし、指導者になったら、

僕はこういうサッカーを求めるのだろうなと、

思ったりもした。


個性派揃いのフロンターレで、

相馬サッカーがどのように展開されていくのか、

楽しみです。


あっ、上で書いたように、

ゼルビアは、まだ固定練習場がありません。

こんなに近いクラブの監督になったのも、

何かの縁なので、

たまに、芝生のグラウンド、貸してくださいね!


でわ。


逶ク鬥ャ縺輔s・胆convert_20110116185613


逶ク鬥ャ縺輔s・点convert_20110116185908

写真提供:雑賀パパ




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
フロンターレでの活躍を期待したいですね!それで、前町田ゼルビアでの指揮監督というのをメディアで取り上げてもらい、全国へ更にゼルビアの名を知らせたいです。いつの日か、『酒井ゼルビア』もあるかもしれませんね(笑)その時はもちろんJ1の舞台で!!(^O^)/
2011/01/16(日) 20:38:06 | URL | ゼルビア12番 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/17(月) 00:48:36 | | #[ 編集]
相馬さん
俺は相馬さんが
ゼルビア監督になるとは
思いませんでした。

練習場には恵まれてない状態で、
俺は相馬さんが選手をよく指導したと感じます。

一年間、よくやってくれました。

フロンターレの成功を祈ってます。
2011/01/17(月) 12:53:34 | URL | K #4JcWZNxE[ 編集]
しょうもないサッカーブログの持ち主です、突然お邪魔します。

相馬監督は現役時代ずっと見ていて大好きな選手でした。僕は二十代なのですが、やはり僕等の世代だと相馬直樹さんは素晴らしいサイドバックとして記憶に残っています。

時間の流れを感じつつ、何となく記事を読んで暖かい気持ちになりました。

素敵な記事をありがとうございました。今後も頑張って下さい!!

納得いくまでボールを追うってのは大変ですが、凄い事で、素敵な事だと思います。
2011/01/17(月) 14:12:01 | URL | でろりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/943-ac0161b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。