『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー小僧ができるまで
ポポさん練習がきついので、

ブログの更新頻度が低下していますが、

お許しください。


本日は、眠い目をこすりながら、

サッカー小僧がができるまでをご紹介します。


ゼルビアのスクールは、年少&未就園児から受け入れています。

3歳にならない子までいるのです。


最初は、わけもわからず、お母さんに連れて来られ、

わんわん泣いて、お母さんから離れません。

もちろん、サッカーコートの中なんて入りません。

そんな時は、足元にそっとボールを置きます。

蹴ってごらん。

何だかわからない丸いものが足元にある。

本能的に、僕に向かって蹴ってくる。

そして僕は、30センチだけ蹴り返す。

もう一度蹴ってごらん。

僕は後ろ向きのまま、サッカーコートへと入る。

また、30センチだけ返す。

蹴ってごらん。

また後ろ向きのまま、サッカーコートの中へ。

いつのまにか、おチビちゃんはサッカーコートの中にいる。

でも、ふと気が付いて、お母さんの元へダッシュ。

これを、根気よく繰り返していると、

数週間後には、コートの中にいる。

はい、合格。


次は、ゴールに向かってシュート。

ゴールの快感を知ってしまったね。


そして次は、カラーコーンを並べます。

このコーンの間をジグザクしてみよう。

ピグパク?

ちがうよ、ジ・グ・ザ・グ。

ピグパグ?

まぁ、いいやなんでも。

最初は転がるボールを追いかけているのですが、

繰り返しているうちに、

自分がコントロールして、ボールを動かすようになる。

この丸いボールを自由自在に操れるようになったら、

もう、メッシの世界です。

そして、思い通りボールをコントロールできるようになると、

ついに、あの瞬間がやってきます。

見逃してはいけません。

ふと、顔が上がるのです。

ボールをコントロールしながら周りを見だすのです。

ようこそ、サッカーの世界へ。


次に認識するのは、相手(敵)です。

相手をドリブルでかわすのです。

フェイントをかけて、相手の逆をとる。

お母さんを騙しちゃいけないけど、

サッカーは相手を騙すスポーツなのです。

相手の逆をとった瞬間は、

算数で100点とるより気持ちいい。


敵を認識した次は、味方を見つけ出します。

ここで、ドリブルとパスの選択肢が現れます。

自分で決めて、自分で行動する、

判断が生まれます。


ここまできたら、もうサッカーの虜です。

思う存分、サッカーを楽しんごです。


こうして、サッカー小僧ができあがるのです。


でわ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、うちの3歳児も興味を持たせようと、
この前ボールを買ったのですが、遊んだ場所が悪かったです、
公園でしたので2・3回蹴ったら
ボールを置いて滑り台へ行ってしまいました。^^;
2011/02/09(水) 10:53:42 | URL | ぱぱ #SFo5/nok[ 編集]
いいね~。
良さん毎度。いいね~、子供と接するってのは。うちの娘もスクールに入れたい所だけど、ちょっと遠いな。今シーズンはカッコイイの撮りますよ!
2011/02/10(木) 17:56:07 | URL | セニョール・K #Ztawh61w[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/10(木) 21:31:26 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/953-4b432498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。