『酒井良』のさすらい日記
~明日やろうはバカやろう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロサッカー選手
CMで子どもが、

イチローって、普段何やってるのかな?

親が、

当たり前のことを、当たり前にやってるんじゃない?

みたいのがありましたよね。





もちろん、イチローなんてその典型だと思うけど、

普段は、気の遠くなるような、

単純作業の毎日を繰り返している。


プロサッカー選手も同じで、

ピッチでの一瞬の輝きのために、

毎日、自分を律する。

24時間、サッカーを考えて、

練習を100%で戦うことはもちろん、

同じ時間に寝て、同じ時間に起きて、

サッカーのための食事をして、サッカーのために休息する。

たまに、ディスコに行くのも、キャバレーに行くのも、酒を飲むのも、

いつもサッカーのことを考えて、

リフレッシュして、よりサッカーに集中できるようにするため。


練習して、食事して、筋トレして、マッサージして、風呂でほぐして、

寝る。

勝っても負けても、試合に出ても出なくても、

いつも同じ。


10代の頃から、サッカーに影響すると思ったら、

飲みの誘いも、デートの誘いも(あんまりないが)、いろんな誘惑も、

全部断って、サッカーだけに集中してきた。

でも、Jリーガーになって、2万人の前でゴールを決めたら、

そんな苦労は、一瞬で吹き飛んだ。

もう一度、その瞬間を体験できるチャンスがあるのなら、

喜んで自分を律することができる。

こんなに素晴らしい経験をさせてもらったのだから、

町田にJリーグクラブを作って、

子どもたちにも、その体験をさせてあげたい。

僕にとって、青少年健全育成に寄与するとはこのこと。


暴露しちゃいますが、うちチームの快速ドリブラーこと、

KTI選手は、入団当初、ちょっと道を外しそうになった。

若いから仕方ない。

でも、サッカーを失いそうになった時に、

自分にとってどれほどサッカーが大切かに気が付いて、

ちゃんと戻ってきた。

見てくださいよ、今は一番最初にグラウンドに出て、

自分の身体と相談してる。


いろんな感情や、環境の中で、自分を律するということは、

本当に難しい。

ましてや、必ずピッチで輝けるという保証なんてのもない。

それでも、毎日自分と戦って勝った者だけが、

あの 『瞬間』 を体験することができるのです。


でわ。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
先日玄海田公園へ行きました。KTI選手、確かに一番に姿をみせてドリブルやリフティングをしていましたね。
2011/02/18(金) 22:30:20 | URL | うさぎおやじ #-[ 編集]
続ける強さ
若いからやれること、若いからやってしまうこと。ありますよね。全ての『経験』があっての『今』だと思うので、コツコツとやり続ける努力には、必ず結果や答えが待っていると思います。『経験』が豊富な人ほど、強くて、見えないパワーを感じたりします。ゼルビアも年々、強さを増してると思います。いつかJ1トップチームになるのも、遠くないと思います!その日まで、いやその日が来ても、ゼルビアを見守り続けたいと思います!
2011/02/20(日) 09:10:41 | URL | 炎のゼルビスタ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryosakai.blog54.fc2.com/tb.php/957-f3b5ceb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。